2020 4月 01

シリーズB資金調達に必要なものは?

ギルモア・スペースに学ぶ 

ギルモア・スペーステクノロジーは、オーストラリアのクィーンズランドに本拠地を置き、ベンチャーキャピタルの出資を受けたロケット会社で、低軌道周回衛星通信に使用する次世代の小型衛星を打ち上げることを目指して大きく進歩を遂げてています。

2017年に同社は、総計500万豪ドル(354万6000米ドル)に上る資金調達ラウンドのシリーズAを成功させました。  

シリーズB(1900万豪ドル、1370万米ドル)にのぞみ、ギルモア・スペースは、宇宙テクノロジー・ビジネス研究開発への焦点を維持しつつ、潜在的投資家に対し、デューディリジェンスを行うための適切な能力を提供しました。

デューディリジェンスは、資金調達の意思決定過程に大きな役割を果たします。ほとんどあらゆるスタートアップにとって、潜在的投資家とのデューディリジェンスを遂行する、安全で効率的な方法を見つけることが課題となっています。この事例研究をダウンロードし、「ディール術」をご覧ください。

あなたが興味を持っているかもしれない他のいくつかのアイテムはここにあります:

Honey Successfully Navigates Complex M&A

Running a profitable startup with millions of users, Honey’s management team consistently fielded inbound investor interest. Find out how they ensured deal readiness and preparedness when opportunity knocked.

Colleagues Discussing Business in Office
Bambuから学ぶ

Bambuは、合計USD$10 100万を集めたシリーズBラウンドに先立って、最近3度の資金調達ラウンドで370万USドルを調達しました。

Colleagues Walking Over Bridge