2019 12月 09

APACリーグテーブル2019年11月

Merrill Corporation と Refinitivが、最新のアジア太平洋地域M&A情報と、月内トップのファイナンシャルアドバイザーのリストをお届けします。

ハイライト:

  • 2019年の最初の11ヶ月で、アジア太平洋と日本のM&Aアクティビティは、2014年以来最低の計9570億USドルとなり、昨年同期比26.9%下落しました。
  • 反対に、11月は1076億USドルが1,210のディールで取引され、2019年で最も強い月となりました。産業と不動産セクターを対象とするM&Aディールが、地域の市場占有率の各16.7%を占め、M&Aアクティビティを推進しています。

最新のアジア太平洋地域リーグテーブルを下からダウンロードしてください。

あなたが興味を持っているかもしれない他のいくつかのアイテムはここにあります:

M&Aの新たな状況: オーストラリアとニュージーランド

オーストラリア&ニュージーランドのM&A実務担当者の多くは、今後5年間で、テクノロジーによってディリジェンスプロセスにおける分析能力やセキュリティが向上することを期待しています。本レポートでは、M&A実務者の声を紹介しています(「M&Aの新潮流 - オーストラリア・ニュージーランド」)。

Deal Drivers APAC FY 2020

このDeal Driver APAC FY 2020レポートは、APAC地域の今後の見通などの情報をご提供します。

ディールドライバー: APAC地域2020年第3四半期

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大はアジア・太平洋(APAC)地域で始まったものかもしれない。報告書全文をダウンロードし、地域のM&A活動に関する詳細をご覧ください。