2020 1月 09

2020年の成長に向けたアジア太平洋CXO分析

デジタル化が益々加速するグローバルな状況で、ビジネスリーダーは、会社が育成するべき能と、競争率を高く維持する戦略を理解する必要があります。  

IJKパートナーと共同で開催された直近のCXOサミットでは、2020年以降に向けた成長を確かなものにするため、ビジネスリーダーと変革者を招き、経験、成功談、さらには失敗談を共有しました。    

右側のフォームにご入力いただくことで、CXOサミット分析2020報告書の独占コピーをダウンロードできます。

あなたも好きかも:

Deal Drivers: APAC Q1 2021

APAC地域は、新型コロナウイルスがほぼ収束し、経済回復の見通しについても楽観的な希望に満ちた雰囲気で2021年を迎えました。今回の「Deal Drivers: APAC Q1 2021」レポートは、各セクターの振り返りや今後の予測などをご紹介いたします。

Tokyo Japan Skyline
M&Aの新たな状況: オーストラリアとニュージーランド

オーストラリア&ニュージーランドのM&A実務担当者の多くは、今後5年間で、テクノロジーによってディリジェンスプロセスにおける分析能力やセキュリティが向上することを期待しています。本レポートでは、M&A実務者の声を紹介しています(「M&Aの新潮流 - オーストラリア・ニュージーランド」)。

Deal Drivers APAC FY 2020

このDeal Driver APAC FY 2020レポートは、APAC地域の今後の見通などの情報をご提供します。