2020 4月 27

Deal Drivers: United Kingdom Q1 2020

In partnership with Mergermarket

Our new Deal Drivers spotlight report focuses on M&A trends in the United Kingdom, and examines the state of the market, how long M&A can weather the COVID-19 storm, and how the leisure sector is faring in the current climate. Notably: 

 

  • UK M&A saw a 93% rise in Q1 compared to the same period in 2019 to €55.8bn; volume dropped 19% over the same period to 285 transactions. 
  • At the start of the second quarter, 21% of deals announced in Q1 were pending completion, and these pending transactions made up 90% of announced deal value in Q1;  
  • Although the leisure sector was the third-largest by value in Q1, the sector is also one of the hardest-hit by the COVID-19 crisis, as restaurants and bars are forced to close and travel is suspended. 

Read the full report to learn more, including the top UK deals and bidders, PE trends, and sector-specific information.

さあ、始めましょう

あなたも好きかも:

M&Aの新たな状況: オーストラリアとニュージーランド

オーストラリア&ニュージーランドのM&A実務担当者の多くは、今後5年間で、テクノロジーによってディリジェンスプロセスにおける分析能力やセキュリティが向上することを期待しています。本レポートでは、M&A実務者の声を紹介しています(「M&Aの新潮流 - オーストラリア・ニュージーランド」)。

Deal Drivers APAC FY 2020

このDeal Driver APAC FY 2020レポートは、APAC地域の今後の見通などの情報をご提供します。

ディールドライバー: APAC地域2020年第3四半期

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大はアジア・太平洋(APAC)地域で始まったものかもしれない。報告書全文をダウンロードし、地域のM&A活動に関する詳細をご覧ください。