2021 3月 02

Deal Drivers APAC FY 2020

本レポートは「Mergermarket(マージャーマーケット)」との共同発表です

 

新型コロナウイルスに大きく影響された2020年がようやく終わりました。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各国政府は、迅速な対応を行っていましたが、市場の反応はさまざまでした。今後の見通しとしては、2021年の市場はAPACのM&A担当者にとって明るい兆しが見え始めています。

このDeal Driver APAC FY 2020レポートは、APAC地域の今後の見通などの情報をご提供します。

 

レポート概要

  • 潜在売却企業に基づくAPACエリアのヒートマップ
  • APACエリアにおける2020年上位取引の概要
  • リーグテーブル:価額および取引件数別、金融・法務アドバイス 
  • セクター別分析
  • セクター別トップ10ディール
  • 価額および取引件数別、2020年四半期M&A活動

 

ディール・ドライバー:地域別スポットライトレポート

APAC、ヨーロッパ、中東及びアフリカ、南北アメリカに関するディール・ドライバーのスポットライトレポートはこちら:

詳しくはこちら

さあ、始めましょう

あなたも好きかも:

M&Aの新たな状況: 日本

日本におけるM&A、デューデリジェンス、資産マーケティングのプロセスは、近年のすべての進歩に対し、どの程度デジタル化され、テクノロジー的に洗練されているのでしょうか? 詳細は、最新レポート「The New State of M&A- 日本」をダウンロードのうえ、ご覧ください。

Deal Drivers: APAC Q1 2021

APAC地域は、新型コロナウイルスがほぼ収束し、経済回復の見通しについても楽観的な希望に満ちた雰囲気で2021年を迎えました。今回の「Deal Drivers: APAC Q1 2021」レポートは、各セクターの振り返りや今後の予測などをご紹介いたします。

Tokyo Japan Skyline
M&Aの新たな状況: オーストラリアとニュージーランド

オーストラリア&ニュージーランドのM&A実務担当者の多くは、今後5年間で、テクノロジーによってディリジェンスプロセスにおける分析能力やセキュリティが向上することを期待しています。本レポートでは、M&A実務者の声を紹介しています(「M&Aの新潮流 - オーストラリア・ニュージーランド」)。