2021 8月 11

Deal Drivers: APAC 上半期レポート2021

In partnership with Mergermarket, an Acuris company

APAC全体のM&A活動は現在、パンデミック前のレベルに戻っています。ワクチン接種の進展は遅いにも関わらず、市場の背景は2021年上半期の取引を後押ししてきました。 

  IMFがアジア全域の成長率を6.9%と予測しており、経済の回復が予想されます。企業やPE企業の多額の未使用資金を組み合わせた金融政策の対応は、地域取引に資金を供給するための資本に不足はないことを示しています。

ぜひこの「Deal Drivers: APAC 上半期レポート 2021」をご覧ください。2021 年の地域全体のM&Aの新たな傾向について学ぶことができるでしょう。

 

内容概要

  • APAC M&A市場の概要と展望
  • 売却の可能性のある企業に基づくAPACヒートチャート
  • 2021年上半期におけるAPACのトップディール
  • リーグテーブル:価値と取引数による財務および法律アドバイザー
  • セクター別分析
    • セクター別トップ10のお得な情報
    • 四半期ごとのM&A活動(価値と取引数別)

さあ、始めましょう

あなたも好きかも:

M&Aの新たな状況: 日本

日本におけるM&A、デューデリジェンス、資産マーケティングのプロセスは、近年のすべての進歩に対し、どの程度デジタル化され、テクノロジー的に洗練されているのでしょうか? 詳細は、最新レポート「The New State of M&A- 日本」をダウンロードのうえ、ご覧ください。

Paris City Skyline
Deal Drivers: APAC Q1 2021

APAC地域は、新型コロナウイルスがほぼ収束し、経済回復の見通しについても楽観的な希望に満ちた雰囲気で2021年を迎えました。今回の「Deal Drivers: APAC Q1 2021」レポートは、各セクターの振り返りや今後の予測などをご紹介いたします。

Tokyo Japan Skyline
M&Aの新たな状況: オーストラリアとニュージーランド

オーストラリア&ニュージーランドのM&A実務担当者の多くは、今後5年間で、テクノロジーによってディリジェンスプロセスにおける分析能力やセキュリティが向上することを期待しています。本レポートでは、M&A実務者の声を紹介しています(「M&Aの新潮流 - オーストラリア・ニュージーランド」)。

Australian City Skyline