2020 6月 04

Deal Drivers: DACH 2020

In partnership with Mergermarket

M&A in DACH appears to have weathered the COVID-19 crisis better than many of its neighbors. Our latest Deal Drivers spotlight report focuses on M&A trends in DACH, and examines the state of the market and what lies ahead. Notably:

 

  • Total M&A value in Q1 2020 was €68bn, but saw a 56% decrease in volume and a 43% drop in value in April 2020, compared to April 2019.

  • The industrials and chemicals sector was by far the largest in terms of M&A value in Q1, at €31.5bn, and also tops in terms of volume.

  • PE demonstrated firepower in Q1, securing the largest deal of the year, the €17.2bn sale of Thyssenkrupp’s elevators business, as well as half of the top ten largest deals.

Read the full report to learn more, including the top deals and bidders, future challenges, and sector-specific information.


For more about EMEA M&A trends, download our Deal Drivers EMEA FY19 report and Deal Drivers: United Kingdom Q1 2020.

さあ、始めましょう

あなたも好きかも:

Deal Drivers: APAC 上半期レポート2021

APAC全体のM&A活動は現在、パンデミック前のレベルに戻っています。ワクチン接種の進展は遅いにも関わらず、市場の背景は2021年上半期の取引を後押ししてきました。 ぜひこの「Deal Drivers: APAC 上半期レポート 2021」をご覧ください。2021 年の地域全体のM&Aの新たな傾向について学ぶことができるでしょう。

City Skyline
M&Aの新たな状況: 日本

日本におけるM&A、デューデリジェンス、資産マーケティングのプロセスは、近年のすべての進歩に対し、どの程度デジタル化され、テクノロジー的に洗練されているのでしょうか? 詳細は、最新レポート「The New State of M&A- 日本」をダウンロードのうえ、ご覧ください。

Paris City Skyline
Deal Drivers: APAC Q1 2021

APAC地域は、新型コロナウイルスがほぼ収束し、経済回復の見通しについても楽観的な希望に満ちた雰囲気で2021年を迎えました。今回の「Deal Drivers: APAC Q1 2021」レポートは、各セクターの振り返りや今後の予測などをご紹介いたします。

Tokyo Japan Skyline