2020 2月 12

Deal Drivers EMEA FY2019

ディールドライバー 欧州中東地域 FY2019

Mergermarketとのパートナーシップ

新しいディールドライバーレポートでは、欧州中東地域の2019年のM&A活動は、過去のピークから鈍化したことが明らかになっています。この低下は予期されなかったものではありません。この地域では、地政学的・経済の逆風、貿易摩擦、英国の欧州連合離脱による不確実性、景気鈍化はすべて2019年にM&A活動に影響していました。しかしながら、活動は、18年下半期のような急激な低下は免れました。特に:

  • ヨーロッパの医薬、医療&バイオ技術セクターは今年も驚異的な年となり、2018比で15%もの増加となりました。
  • ヨーロッパの産業&化学薬品セクターは、地域内のその他すべてのセクターと比較し、ディール・ボリュームで20%上回っていました。;
  • グローバルなトレンドに反し、ヨーロッパの消費セクターM&Aは、2018年から26%上昇しました。
  • (イスラエルを除く)中東と北アフリカの合計のM&Aディール額は1072億ユーロで、全年の四年間の累計と等しい額でした;
  •  サウジ・アラムコ-SABICのディールは625億ユーロで、グローバル化学業界で最大となりました。

地域のM&A活動に関するヒートチャート、アドバイザーリーグテーブル、セクター分析、ディールメーキングのトレンドを含む詳細は、報告書全文をダウンロードしてご覧ください。