2020 6月 29

M&A 業界の最新動向レポート:グロバール編

当社の最新レポートでは、北中南米や欧州・中東・アフリカ(EMEA)、アジア太平洋(APAC)の企業やプライベートエクイティ企業、投資銀行、法律・専門サービス企業の2,200人以上の担当者に以下の内容について調査を実施しました:

  • M&Aで最も重要な成功要因とは?
  • M&Aのプロセスの中で、テクノロジーによって最も充実する分野とは?
  • デューデリジェンスは今後数年でどれほど加速するのか? 

本レポートでは、M&Aのライフサイクル、デューデリジェンス、アセットマーケティング、リストラクチャリングを網羅し、M&Aプロセスがデジタルトランスフォーメーション(DX)により大きく変革されることを示しています。ディールメーカーは今後もDXの恩恵を受けながら、M&A業務を成功に導くでしょう。

レポート内容:

  • 2020年 M&Aの現状
  • 2025年 M&A予測
  • M&Aのライフサイクル分析
  • M&Aデューデリジェンス分析
  • M&A アセットマーケティング分析
  • リストラクチャリング分析
  • M&Aをデジタル化する3つの方法

2,235名の

M&A担当者

49個の

市場

24個の

質問

3つの

総括

さあ、始めましょう

あなたも好きかも:

Deal Drivers: Asia Pacific Q3 2021 レポート (※2021年7月~9月)

2021年は、新型コロナウイルス感染拡大の際に見られたM&A取引の停滞から回復がみられた年であり、Q3のアジア太平洋地域のM&Aデータの前年同期比を見ると、取引の件数と金額は健全な成長傾向を示しています。今回のDeal Drivers: APAC Q3 2021レポートでは、日本およびアジア太平洋地域全体の取引に関する最新情報、または今年の最終四半期(10月~12月)以降のM&Aの新たなトレンドについてご紹介いたします。

Deal Drivers: APAC 上半期レポート2021

APAC全体のM&A活動は現在、パンデミック前のレベルに戻っています。ワクチン接種の進展は遅いにも関わらず、市場の背景は2021年上半期の取引を後押ししてきました。 ぜひこの「Deal Drivers: APAC 上半期レポート 2021」をご覧ください。2021 年の地域全体のM&Aの新たな傾向について学ぶことができるでしょう。

City Skyline
M&Aの新たな状況: 日本

日本におけるM&A、デューデリジェンス、資産マーケティングのプロセスは、近年のすべての進歩に対し、どの程度デジタル化され、テクノロジー的に洗練されているのでしょうか? 詳細は、最新レポート「The New State of M&A- 日本」をダウンロードのうえ、ご覧ください。

Paris City Skyline