2020 9月 24

M&Aの新たな状況-アジア太平洋地域における見通し

アジア太平洋(APAC)における実務家にとって、M&Aプロセス、デューデリジェンス、アセットマーケティングプロセスはどれほど洗練され、最適化されているのでしょうか? 

そのプロセスは、現在そして将来、最終的にどのような姿になるのでしょうか。また、自動化はどの程度できるものなのでしょうか、またどの程度すべきなのでしょうか?

これらはこの調査を通じた重要な質問の一部であり、企業、未公開株式投資会社、投資銀行、法律事務所、プロフェッショナルサービス企業を含むアジア太平洋地域におけるM&A実務家669名を対象に、このテーマについての見解調査が行われました。

 

レポート内容:

  • 分析: アジア太平洋地域と南北アメリカ/欧州中東アフリカ地域の比較
  • 2020 年アジア太平洋地域におけるM&Aの現状
  • 2025 年アジア太平洋地域におけるM&Aの今後の状況
  • 事例研究: 野村証券
  • 事例研究: SCローウィ
  • 事例研究: KPMG (中国)
  • 事例研究: バーミリオンパートナー
  • 推奨: あなたのM&Aをデジタル化する3つの方法
  • 結果

 

さあ、始めましょう