Datasite Diligence™ - データルーム

M&A デューデリジェンス用の一流のデータルーム

ディールメーカーは、彼らが直面する障害を予測する機能や性能を備えたツールを必要としています。Datasite Diligence を援用すれば、 バーチャルデータルーム(VDR)をこれまで以上に迅速に立ち上げることができると同時に、どのような状況でもディールを前進させることができるように設計された一連の優れた機能と専門家によるサポートを利用することができます。

デューディリジェンスの迅速化

Eメールファイルの場所

正規ユーザーがファイルをプロジェクトに直接Eメールで送信できるようにします。新しいプロジェクトインボックス機能では、これらのユーザーが非表示の転送用Eメールアドレスを使ってファイルをプロジェクトにEメールで送信することができます。Outlook や Gmail など、IT部門が承認したEメールシステムを使用してください。

詳細を知る
Email files into the VDR using Datasite Diligence

データのアップロード

ファイルを Datasite にドラッグ&ドロップしてください。フォルダーやファイルをアップロードする際に、ファイル構造を保持します。一括して移動や名前の変更ができるオプションがあるで、すべてを整理しておくことができます。50GB までの ZIP ファイルのアップロードも可能です。

デモを見る
Organize Your Uploads

アクセス権限管理

ユーザーや文書の許可をリアルタイムにカスケードすることができます。また、プロジェクト、フォルダー、文書レベルで一括してスケジュールすることもできます。また、主題に関する専門家の情報を適切にコントロールすることもできます。

デモを見る
Control File Access

AIを活用したインテリジェントな墨消し

Datasite Diligence は、テキストと画像の墨消しを統合し、サードパーティツールを使用するよりも時間を節約し、煩雑さを軽減します。

Datasite Diligence に墨消し AIを追加すると、AI と自動墨消しが墨消し対象を見つけてくれるので、数時間や数日を節約することができます。買い手との契約をより迅速に行うことができます。また、独占的な買い手が登場したときは、墨消し推察力により、数秒で墨消し解除することができます。

詳細を知る
Product Redaction Example

14カ国語で検索

OCRを使えば、どんな言語で書かれた文書でも、正確な検索結果が得られます。

デモを見る
Orc Search Documents

統合型Q&A

ワークフロー、役割、カテゴリーなどを素早く簡単にセットアップできます。Excel から質問をインポートし、カテゴリや優先順位を割り当てます。レポートやコンプライアンスのためには、データをエクスポートしてエクセルに戻すだけです。

デモを見る
Streamlined Q and A

アナリティクス

インテリジェントなダッシュボードで、ディール状況を把握することができます。詳しく掘り下げてエクスポートする。必要なデータを選別する。また、カスタマイズされたダッシュボードについては、お問い合わせください。

デモを見る
Enhanced Analytics

スマートツール

コンテンツを自動的に分類し、21カ国語に対応した翻訳プレビューを含む文書のプレビューを行い、組織的なプロセスを劇的に改善することができます。

デモを見る
Featuring Smart Tools

鉄壁のセキュリティで安全性を維持

データチェーン全域で最も厳しい国際的な安全基準を適用することで、見落としやサイバー攻撃を防ぐことができます。

デモを見る
Document Security via Data Room

最新技術の展開

最新のモバイル対応プラットフォームを使って、ディールを有利に進めることができます。iOS 用は App Store で、Android 用は Google Play ストアでダウンロードできます。

Diligence Technology on your Phone

業界最高のサポートを受けることができます

国際的な専門家のチームが24時間365日体制でお客様をサポートします。電話、Eメール、チャットで、20カ国語で会話ができます。

デモを見る
M & A Professionals Viewing a Data Room on Tablet PC

よくあるご質問

よくあるご質問

データルームは、企業のドキュメンテーションを確認するためのセキュアなスペースです。過去は、紙を大量に収容する物理的な場所でした。M&A のディールチームはその場所を使用して機微情報を安全に共有しています。

バーチャルデータルーム (VDR) とはどのようなものですか?

バーチャルデータルームは、従来のデータルームと同じ目的で使用されます。しかし、ビルの中を紙で埋め尽くすのではなく、すべてがオンラインでセキュアに保管されています。M&A のディールチームは、デューディリジェンスのためにこれらを使用しています。しかし、今では単なるストレージスペースにとどまらず、様々な機能を提供しています。今では、時間のかかるプロセスを自動化しています。国際的なコラボレーションが可能です。そして、彼らは、より早くディールを成立させるための貴重なインサイトを提供してくれます。

消費者向けのファイル共有システムと、専用のバーチャルデータルームを比較した場合のリスクは何ですか?

Box、Dropbox™、Google Drive™などの消費者向けのファイル共有システムで十分だと思われるかもしれません。結局、それらは「M&Aのデューデリジェンスの高難度の課題に対する低コストのソリューション」を売りにしているのです。良さそうな印象ですか?これまでに何度も起きてきた注目を浴びたセキュリティ・インシデントは、そうではありません。また、サービスにお金を払っているのではなく、入札に参加しようとしているときに、ファイル共有者を捕まえられると幸運なのですが。複雑なM&A のデューデリジェンスの課題には、よりセキュアで専用の VDR アプリケーションが必要です。

Datasite のような、M&A業界専用に設計されたデータルームを利用する理由とは?

M&A ディールのニーズは、一般の方のニーズとは大きく異なります。Datasite は、2,000人以上のディールメーカーからのインサイトに基づいて設計されています。そのツールや機能を使って、年間9,000件以上のディールが行われています。すべては鉄壁のセキュリティで守られています。世界一流のサポートが、世界中どこにいても一日中、毎日提供されています。また、業界の主要な規制当局によって検査された監査証跡があることをご承知いただければ、安心してご利用いただけます。

M&A用のデータルームを選ぶ際には、どのような点に注意すればよいのでしょうか?

たくさんのオプションの中から選ぶことができます。しかし、Datasiteは、ディールを成功させるための4つの基準をすべて満たす唯一のデータルーム提供会社です。

  • 圧倒的な専門性、業界トップの専門家としての信頼。弊社は何十年もの間、M&A 業界に不可欠な存在であり続けています。このようなノウハウを共有することで、より早くディールを成立させることができるようになります。
  • 強力な技術:Datasiteを自分のものにする。自動墨消しから合理化されたQ&Aまで。目を見張るようなアナリティクスから、ブランド化されたレポートまで。これらは、ディールを進めるためのツールです。
  • 鉄壁のセキュリティ:ビジネスにおける最高のセキュリティでデータを保護します。ユーザーのアクセス、データの保存、転送中のデータなど、すべてをカバーしています。
  • 卓越したサービス:世界のどこにいても一流のサポートを受けることができます。20か国語で一日中、毎日、お客様のニーズにお応えします。弊社は皆様をお待たせすることがありません。

データルームを選ぶ際の注意点

Datasite Diligenceは、墨消し、Q&A、アナリティクス、スマートツールの機能を提供する唯一のデータルームであり、単にセキュアなリポジトリではなく、M&A のデューデリジェンスのあらゆる側面で不可欠なツールとなります。

始める準備はできていますか?