2021 3月 02

Deal Drivers APAC FY 2020

本レポートは「Mergermarket(マージャーマーケット)」との共同発表です

 

新型コロナウイルスに大きく影響された2020年がようやく終わりました。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各国政府は、迅速な対応を行っていましたが、市場の反応はさまざまでした。今後の見通しとしては、2021年の市場はAPACのM&A担当者にとって明るい兆しが見え始めています。

このDeal Driver APAC FY 2020レポートは、APAC地域の今後の見通などの情報をご提供します。

 

レポート概要

  • 潜在売却企業に基づくAPACエリアのヒートマップ
  • APACエリアにおける2020年上位取引の概要
  • リーグテーブル:価額および取引件数別、金融・法務アドバイス 
  • セクター別分析
  • セクター別トップ10ディール
  • 価額および取引件数別、2020年四半期M&A活動

 

ディール・ドライバー:地域別スポットライトレポート

APAC、ヨーロッパ、中東及びアフリカ、南北アメリカに関するディール・ドライバーのスポットライトレポートはこちら:

詳しくはこちら

さあ、始めましょう

あなたも好きかも:

Deal Drivers: APAC 2023 の展望

2022年、APAC地域全体のM&A件数は、はじめの9ヶ月間、揺るぎない強さをみせました。経済成長が鈍化する中でも、ディール件数は安定して推移し、第1~3四半期を通じて過去の水準を大きく上回っています。今後、数ヶ月間のディールメーキングを牽引するであろうトレンドについて、当社の2023年展望に関するレポートをお読みください。

APACエリアのにおける2022年Q3ディールドライバー

現在のマクロ経済は、ディールメーカーにとって舵取りが難しい環境であることを提示しています。2022年Q3のデータでは、APACのM&Aはディールメーキングがコロナ禍以前のレベルに戻っており、重要な局面であると示しています。市場はこれから正常化するのか、それとも下降していくのでしょうか。アジア太平洋地域のM&A活動やトレンドについては、Deal Drivers APAC Q3 2022をご覧ください。

[Deal Drivers Report]アジア太平洋地域 2022年上半期

APACにおけるM&Aは、2022年上半期は主にインド、オーストラリア、日本といった地域の市場で力強いパフォーマンスを示しました。東南アジアの成長鈍化や、上海の長引くロックダウンが企業活動に深刻な影響を与えたにもかかわらず、APAC全域のM&A活動の回復が証明されました。M&A活動やトレンド、トップ取引、トップビッド、地域ごとの注目セクターに関する詳細は「Deal Drivers: APAC HY 2022」をご覧ください。