Deal Drivers: APAC Q1 2021

In partnership with Mergermarket

APAC地域は、新型コロナウイルスがほぼ収束し、経済回復の見通しについても楽観的な希望に満ちた雰囲気で2021年を迎えました。

多くの地域では、2020年下半期より回復し始め、特にM&A市場の回復が顕著でした。取引額は2020年上半期と比較し2倍以上増加し、第4四半期には取引量の伸びが加速しました。

2021年の第1四半期は、取引の回復が続き、多くの地域では2020年および2019年の同時期よりも好調でした。

APAC地域は今後どうなっていくのでしょうか?

今回の「Deal Drivers: APAC Q1 2021」レポートは、各セクターの振り返りや今後の予測などをご紹介いたします。

 

内容概要

  • APAC市場の概要と見通し
  • 各国のM&A分析
    • 中華圏
    •  韓国
    • 日本
    • インド
    • 東南アジア
    • オーストラリア&ニュージーランド
  • 地域別案件トップ10
  • 数量・金額別のトップ取引
  • 数量・金額別のトップビッダー

 

 

Deal Drivers: ローカルスポットライト

Datasiteでは、APAC地域以外にも、EMEA地域(ヨーロッパ、中東、アフリカ)、南北アメリカなど世界各地のM&A市場の状況について、最新の情報のお届けします。世界のM&A事情に興味のある方はこちらより各地域のレポートをご覧ください。

Learn more

さあ、始めましょう

あなたも好きかも:

Deal Drivers レポート: APAC Q1 2022

APAC地域では、2022年第1四半期にM&A活動が全体的に減少しましたが、APAC地域の取引は他の地域を上回り、米国やEMEA地域に比べると急激な落ち込みは見られませんでした。日本およびその他地域のM&A活動やトレンド、上位ディール、上位入札者、注目セクターについては最新の Deal Driver レポート:APAC Q1 2022をご覧ください。

Deal Drivers レポート:APAC FY 2021

2021年のセクター別トップ10ディール、最新のヒートチャート、リーグテーブル、金額・数量別の上位入札者などの詳細については、最新のDeal Driversレポートをご確認ください。

Deal Drivers: APAC 2022 展望レポート

2022年のAPACの取引に影響を与える要因の5つの予測および、マージャーマーケットのデータに基づいた注目すべき業界と地域を示す最新のヒートチャートをご覧ください。これらはすべて、今後数ヶ月間にわたって取引が盛んになると思われるAPACのM&A展望レポートにも記載されています。