2020 9月 24

M&Aの新たな状況-アジア太平洋地域における見通し

アジア太平洋(APAC)における実務家にとって、M&Aプロセス、デューデリジェンス、アセットマーケティングプロセスはどれほど洗練され、最適化されているのでしょうか? 

そのプロセスは、現在そして将来、最終的にどのような姿になるのでしょうか。また、自動化はどの程度できるものなのでしょうか、またどの程度すべきなのでしょうか?

これらはこの調査を通じた重要な質問の一部であり、企業、未公開株式投資会社、投資銀行、法律事務所、プロフェッショナルサービス企業を含むアジア太平洋地域におけるM&A実務家669名を対象に、このテーマについての見解調査が行われました。

 

レポート内容:

  • 分析: アジア太平洋地域と南北アメリカ/欧州中東アフリカ地域の比較
  • 2020 年アジア太平洋地域におけるM&Aの現状
  • 2025 年アジア太平洋地域におけるM&Aの今後の状況
  • 事例研究: 野村証券
  • 事例研究: SCローウィ
  • 事例研究: KPMG (中国)
  • 事例研究: バーミリオンパートナー
  • 推奨: あなたのM&Aをデジタル化する3つの方法
  • 結果

 

さあ、始めましょう

あなたも好きかも:

Deal Drivers: APAC 2023 の展望

2022年、APAC地域全体のM&A件数は、はじめの9ヶ月間、揺るぎない強さをみせました。経済成長が鈍化する中でも、ディール件数は安定して推移し、第1~3四半期を通じて過去の水準を大きく上回っています。今後、数ヶ月間のディールメーキングを牽引するであろうトレンドについて、当社の2023年展望に関するレポートをお読みください。

APACエリアのにおける2022年Q3ディールドライバー

現在のマクロ経済は、ディールメーカーにとって舵取りが難しい環境であることを提示しています。2022年Q3のデータでは、APACのM&Aはディールメーキングがコロナ禍以前のレベルに戻っており、重要な局面であると示しています。市場はこれから正常化するのか、それとも下降していくのでしょうか。アジア太平洋地域のM&A活動やトレンドについては、Deal Drivers APAC Q3 2022をご覧ください。

[Deal Drivers Report]アジア太平洋地域 2022年上半期

APACにおけるM&Aは、2022年上半期は主にインド、オーストラリア、日本といった地域の市場で力強いパフォーマンスを示しました。東南アジアの成長鈍化や、上海の長引くロックダウンが企業活動に深刻な影響を与えたにもかかわらず、APAC全域のM&A活動の回復が証明されました。M&A活動やトレンド、トップ取引、トップビッド、地域ごとの注目セクターに関する詳細は「Deal Drivers: APAC HY 2022」をご覧ください。