2020 6月 29

M&A 業界の最新動向レポート:グロバール編

当社の最新レポートでは、北中南米や欧州・中東・アフリカ(EMEA)、アジア太平洋(APAC)の企業やプライベートエクイティ企業、投資銀行、法律・専門サービス企業の2,200人以上の担当者に以下の内容について調査を実施しました:

  • M&Aで最も重要な成功要因とは?
  • M&Aのプロセスの中で、テクノロジーによって最も充実する分野とは?
  • デューデリジェンスは今後数年でどれほど加速するのか? 

本レポートでは、M&Aのライフサイクル、デューデリジェンス、アセットマーケティング、リストラクチャリングを網羅し、M&Aプロセスがデジタルトランスフォーメーション(DX)により大きく変革されることを示しています。ディールメーカーは今後もDXの恩恵を受けながら、M&A業務を成功に導くでしょう。

レポート内容:

  • 2020年 M&Aの現状
  • 2025年 M&A予測
  • M&Aのライフサイクル分析
  • M&Aデューデリジェンス分析
  • M&A アセットマーケティング分析
  • リストラクチャリング分析
  • M&Aをデジタル化する3つの方法

2,235名の

M&A担当者

49個の

市場

24個の

質問

3つの

総括

さあ、始めましょう

あなたも好きかも:

Deal Drivers レポート:APAC FY 2021

2021年のセクター別トップ10ディール、最新のヒートチャート、リーグテーブル、金額・数量別の上位入札者などの詳細については、最新のDeal Driversレポートをご確認ください。

Deal Drivers: APAC 2022 展望レポート

2022年のAPACの取引に影響を与える要因の5つの予測および、マージャーマーケットのデータに基づいた注目すべき業界と地域を示す最新のヒートチャートをご覧ください。これらはすべて、今後数ヶ月間にわたって取引が盛んになると思われるAPACのM&A展望レポートにも記載されています。

Deal Drivers: APAC Q1 2021

APAC地域は、新型コロナウイルスがほぼ収束し、経済回復の見通しについても楽観的な希望に満ちた雰囲気で2021年を迎えました。今回の「Deal Drivers: APAC Q1 2021」レポートは、各セクターの振り返りや今後の予測などをご紹介いたします。

Tokyo Japan Skyline