洞察と分析

取り引き成立のため、業界のあらゆる側面の見識を深めて迅速に対応することが必要です。ここでは、M&Aの最新動向と成功例をご紹介します。熾烈な競争の一歩先を行くには、業界最先端のM&Aソフトウェアを使った精査と解析が不可欠です。

フィルター

フィルタをクリア

  • 2022 7月 15
    ディールメーキングにデータ保護、セキュリティ、コンプライアンスが不可欠な理由

    4年経った今でも、なぜデータ保護はディールメーカーにとって不可欠なものでしょうか?適切なセキュリティが確保されず、GDPRに準拠しない場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。取引データが適切に保護されていることを確認するには、どうすればよいのでしょうか。そして、最終的にあなたやあなたの取引にどのような利益をもたらすのでしょうか。

    詳細はこちら
  • 2022 7月 07
    「New State of M&A」レポート:豪州・NZ地域最新事例

    テクノロジーとデジタル化はディールメーキングにおける単なる流行語なのか、それとも実際にディールメーキングプロセスを有効なものにしているのか?Datasiteの「New State of M&A:オーストラリア・ニュージーランド」レポートでは、Gilbert + Tobin社とPencarrow社の経営層・幹部が、AIや機械学習プラットフォームによるテクノロジーがM&Aライフサイクルをいかに強化・合理化するかについて見解を述べています。

    詳細はこちら
    Melbourne
  • 2022 5月 31
    DatasiteがVDR技術でデジタル著作権管理課題を解決

    デジタル著作権管理(DRM)は、M&Aやデューデリジェンスのいずれにもメリットをもたらすと期待されてきました。しかし、実際、ディール管理者にとっては異なり、現在ほとんどのVDRプロバイダ内のDRMセキュリティは、よく言っても矛盾しています。Datasiteは、この課題を解決するために、レビュアーがExcelの財務モデルなどを簡単にダウンロードして作業できる柔軟性を提供しながら、ファイルやファイル内のコンテンツに対する効果的なアクセス制御を維持する方法を提供します

    詳細はこちら
    Data Room Possibilities
  • 2022 5月 24
    市場スポットライト:不透明な中国のデータセキュリティ規則

    現代の多くの企業は、ITに依存し、機密性の高いデータを保有しています。これまで最も影響を受けてきたのは技術・メディア・通信(TMT)セクターですが、中国が大企業や反競争的行為を取り締まるための規制の一環として新しい法律を施行するため、医薬品・医療機器・バイオテクノロジー(PMB)セクターや保険セクターのデータ豊富な企業はますます監視の目を向けられることが予想されます。移行期間が短いという点でも、また一部の規定が曖昧なままであるという点でも、多くの課題を抱えています。

    詳細はこちら
  • 2022 5月 24
    Deal Drivers レポート: APAC Q1 2022

    APAC地域では、2022年第1四半期にM&A活動が全体的に減少しましたが、APAC地域の取引は他の地域を上回り、米国やEMEA地域に比べると急激な落ち込みは見られませんでした。日本およびその他地域のM&A活動やトレンド、上位ディール、上位入札者、注目セクターについては最新の Deal Driver レポート:APAC Q1 2022をご覧ください。

    詳細はこちら
  • 2022 5月 24
    M&Aにおけるバイサイドの課題を解決する5つの方法

    バイサイドのM&Aプロセスを容易にする革新的なテクノロジー・ソリューションが、アドバイザーの間で切望されています。ディールプロセスに影響を与える5つの主要な課題を特定するのは簡単ですが、解決するには、革新的なプラットフォーム・ソリューションが必要なのです。詳細について

    詳細はこちら
    M & A Professionals Discussing A Data Room
  • 2022 5月 06
    データルームのチェックリスト

    安全でパワフルかつ、必要なときに必要な場所であらゆるサポートを受けられるデータルームが必要です。

    詳細はこちら
    M & A Professionals discussing a Data Room
  • 2022 5月 03
    市場の注目ポイント。クリーンエネルギー革命への貢献

    エネルギーセクターでは、2022年初頭、ロシアのウクライナ侵攻とサプライチェーンの混乱に伴う商品価格の上昇と、低炭素・再生可能エネルギーへの移行促進を求める世論が特徴的であった。ステークホルダーや消費者は、企業が成長戦略において環境・社会・ガバナンス(ESG)目標を重視することをこれまで以上に強調しています。

    詳細はこちら
    M & A Professionals Working on a Data Room
  • 2022 5月 03
    バイヤー側のデータルームがバイヤーにとって有利である4つの理由

    これまで、長年にわたり、バイヤーは経験の浅い売り手が設置したデータルームで作業しなければならず、そのために、多くのバイヤーが自分のデータルームからバイヤー側のプロセスを実行するようになりましたが、これは必ずしも理想的な形ではありません。 この問題を解決するために、2021年に世界初の買い手側M&A専用プラットフォーム「Datasite Acquire」を立ち上げました。買い手側のM&Aディールメーカーにとって、自社プラットフォームを持つことが重要であることは明らかであり、実際に中堅のマイニングカンパニーから大手のグローバル・プライベート・エクイティ・ファームまで、あらゆる形態、規模、セクターの企業が乗り換えています。なぜ、乗り換えが起きているのか、詳しくご紹介いたします。

    詳細はこちら
    M & A Professionals Working on a Data Room
  • 2022 2月 28
    オーストラリアのメガ年金ファンドがクロスボーダーM&Aで成長を目指す

    オーストラリアの年金制度は、長い間、小規模なファンドが乱立している状態でした。しかし、オーストラリア健全性規制庁(Australian Prudential Regulation Authority)の指導の下、この状況は変わりつつあり、年金基金の運用力は今後ますます盛んになりそうです。

    詳細はこちら
    Melbourne
  • 2022 2月 28
    Deal Drivers レポート:APAC FY 2021

    2021年のセクター別トップ10ディール、最新のヒートチャート、リーグテーブル、金額・数量別の上位入札者などの詳細については、最新のDeal Driversレポートをご確認ください。

    詳細はこちら
  • 2022 2月 18
    市場の注目ポイント。 DX化とESGが日本のM&Aの主役に

    先日にMergermarketとDatasiteが共催したウェビナー、「ジャパンディールモメンタム:M&A、プライベートエクイティ、テクノロジートレンド」では、登壇した専門家たちが2021年の日本のM&Aパフォーマンスを解説し、2022年の市場展望を共有しました。

    詳細はこちら
  • 2022 2月 14
    エキスパートスポットライト:ジャパンディールモメンタム~分析リポート

    企業による事業売却、デジタルトランスフォーメーション(DX)、ESG(環境・社会・企業統治)のトレンドなどが続くなか、日本のディールメーカーは2022年のM&A案件パイプラインについて明るい見通しを持っている。1月27日にデータサイトとマージャーマーケットが共催したウェビナーで講演した業界専門家らが語った。

    詳細はこちら
  • 2022 1月 10
    Deal Drivers: APAC 2022 展望レポート

    2022年のAPACの取引に影響を与える要因の5つの予測および、マージャーマーケットのデータに基づいた注目すべき業界と地域を示す最新のヒートチャートをご覧ください。これらはすべて、今後数ヶ月間にわたって取引が盛んになると思われるAPACのM&A展望レポートにも記載されています。

    詳細はこちら
  • 2021 12月 15
    地域別スポットライト:日本のM&Aディール・ドライバー2021 – エキスパートによる分析

    日本企業によるM&Aは、国内案件の回復とクロスボーダー案件の増加により案件・金額とも急増している。こうした状況でディールメーカーは、どのような業界のどのような投資機会に注目すべきか?

    詳細はこちら
    City Skyline
  • 2021 12月 15
    市場の注目ポイント。世界経済の中心地であるアジア太平洋地域を支える

    中国における移動制限が緩和されたことで、中国国内の経済が復活しました。中国は、世界有数の急速に発展し続ける国として、確固たる地位を再び築いたのです。新型コロナウイルスの感染拡大の初期段階に実施された、厳格な感染対策により、2020年後半には中国の消費活動は急速かつ堅調に回復し、エネルギーや天然資源に対する需要も回復しました。 中国経済が成熟していく中で、中国のエネルギー市場が今後どのように発展していくかは、中国だけでなくアジア太平洋地域全体にとっても非常に重要な課題なのです。

    詳細はこちら
    City Skyline
  • 2021 12月 15
    Deal Drivers: APAC Q1 2021

    APAC地域は、新型コロナウイルスがほぼ収束し、経済回復の見通しについても楽観的な希望に満ちた雰囲気で2021年を迎えました。今回の「Deal Drivers: APAC Q1 2021」レポートは、各セクターの振り返りや今後の予測などをご紹介いたします。

    詳細はこちら
    Tokyo Japan Skyline
  • 2021 12月 15
    M&Aの新たな状況: 日本

    日本におけるM&A、デューデリジェンス、資産マーケティングのプロセスは、近年のすべての進歩に対し、どの程度デジタル化され、テクノロジー的に洗練されているのでしょうか? 詳細は、最新レポート「The New State of M&A- 日本」をダウンロードのうえ、ご覧ください。

    詳細はこちら
    Paris City Skyline
  • 2021 11月 10
    Deal Drivers: Asia Pacific Q3 2021 レポート (※2021年7月~9月)

    2021年は、新型コロナウイルス感染拡大の際に見られたM&A取引の停滞から回復がみられた年であり、Q3のアジア太平洋地域のM&Aデータの前年同期比を見ると、取引の件数と金額は健全な成長傾向を示しています。今回のDeal Drivers: APAC Q3 2021レポートでは、日本およびアジア太平洋地域全体の取引に関する最新情報、または今年の最終四半期(10月~12月)以降のM&Aの新たなトレンドについてご紹介いたします。

    詳細はこちら
  • 2021 9月 23
    機密データ管理: 企業むけガイド

    As corporates find their roles expanding, that means more data. Handled by more people. For more reasons. Resulting in more risks. And more challenges. Find out how to securely store, manage, and share sensitive data, while still remaining compliant and in control.

    詳細はこちら
    M & A Professional Working on a Data Room
  • 2021 9月 20
    最新のM&A現状:New State of M&Aー中国&香港編

    近年のデジタルの進化により、中国や香港のM&A、デューデリジェンス、アセットマーケティングのプロセスは、どれほどデジタル化され、技術的に洗練されているのでしょうか。本レポートでは、中国のディールメーカーがどのようにテクノロジーを活用して、M&Aにおける課題を解決しているかをご紹介します。

    詳細はこちら
    Hong Kong Skyline
  • 2021 8月 11
    Deal Drivers: APAC 上半期レポート2021

    APAC全体のM&A活動は現在、パンデミック前のレベルに戻っています。ワクチン接種の進展は遅いにも関わらず、市場の背景は2021年上半期の取引を後押ししてきました。 ぜひこの「Deal Drivers: APAC 上半期レポート 2021」をご覧ください。2021 年の地域全体のM&Aの新たな傾向について学ぶことができるでしょう。

    詳細はこちら
    City Skyline
  • 2021 6月 16
    エキスパートスポットライト:日本案件モメンタム

    日本のディールメーカーは、新型コロナウイルス感染拡大による当初の影響を経て、事業売却の増加や低コストでの資金調達、アクティビズムなどの要因に支えられた現在のモメンタムを背景に、M&A が力強く回復しているとみている。5 月 27 日にデータサイトとマージャーマーケットが共催したウェビナーで講演した業界専門家らが語った。

    詳細はこちら
    Tokyo Japan Skyline
  • 2021 6月 04
    マーケットスポットライト:日本における案件モメンタムの高まりと楽観的見方

    マージャーマーケットとデータサイトが最近共催したウェビナーでは、ディールメーカーが2021年第1四半期の日本のM&A活動について振り返った。また、オーナー(創業者)系企業の事業承継や企業再編を促す政府の取り組みなど日本特有の問題についても討議した。

    詳細はこちら
    Tokyo Japan Skyline
  • 2021 3月 11
    M&Aの新たな状況: オーストラリアとニュージーランド

    オーストラリア&ニュージーランドのM&A実務担当者の多くは、今後5年間で、テクノロジーによってディリジェンスプロセスにおける分析能力やセキュリティが向上することを期待しています。本レポートでは、M&A実務者の声を紹介しています(「M&Aの新潮流 - オーストラリア・ニュージーランド」)。

    詳細はこちら
    Australian City Skyline
  • 2021 3月 02
    Deal Drivers APAC FY 2020

    このDeal Driver APAC FY 2020レポートは、APAC地域の今後の見通などの情報をご提供します。

    詳細はこちら
    City Skyline
  • 2021 2月 04
    ライフサイエンス企業のためのVDR 3大秘訣

    Datasiteは、年間1,400件以上のヘルスケア取引をホストしており、世界中で毎月13,000人以上の業界の取引関係者が参加しています。この経験に基づいて、Datasiteがお客様を支援する3つの方法をご紹介します。

    詳細はこちら
    M & A Professionals discussing a Data Room
  • 2020 12月 01
    地域別スポットライト:日本のM&Aディール・ドライバー2021 – 市場の脈動

    日本企業によるM&Aは、国内案件の回復とクロスボーダー案件の増加により案件・金額とも急増している。こうした状況でディールメーカーは、どのような業界のどのような投資機会に注目すべきか?

    詳細はこちら
    City Skyline
  • 2020 11月 30
    ディールドライバー: APAC地域2020年第3四半期

    新型コロナウイルスの世界的な感染拡大はアジア・太平洋(APAC)地域で始まったものかもしれない。報告書全文をダウンロードし、地域のM&A活動に関する詳細をご覧ください。

    詳細はこちら
    City Skyline
  • 2020 9月 24
    M&Aの新たな状況-アジア太平洋地域における見通し

    アジア太平洋(APAC)における実務家にとって、M&Aプロセス、デューデリジェンス、アセットマーケティングプロセスはどれほど洗練され、最適化されているのでしょうか?

    詳細はこちら
    City Skyline
  • 2020 8月 14
    アジア太平洋地域ディール推進要因 2020年上半期

    一部のセクターは、他のセクターよりもよい業績を残しました。ホットなセクターとは?また低調なセクターとは?将来ディールメーカーが期待できるものとは?

    詳細はこちら
    City Skyline
  • 2020 6月 29
    M&A 業界の最新動向レポート:グローバル編

    本レポートでは、M&Aのライフサイクル、デューデリジェンス、アセットマーケティング、リストラクチャリングを網羅し、M&Aプロセスがデジタルトランスフォーメーション(DX)により大きく変革されることを示しています。ディールメーカーは今後もDXの恩恵を受けながら、M&A業務を成功に導くでしょう。

    詳細はこちら
    Skyscrapers above the clouds
  • 2020 6月 01
    ローカルスポットライト: 日本のディール推進要因 ― エキスパートによる分析

    私たちの最近のウェビナーで、Mergermarketアジア-太平洋エディター兼Acuris日本支局長Mai Mizutaは、パネリストのシティグループグローバルマーケッツ常務取締役でM&A部門責任者Yoshinobu AguおよびDatasite日本責任者Yoichiro Shimizuと、アジア太平洋および日本から集まった500人を超えるディールメーカーを迎えました。

    詳細はこちら
    M & A Professional Working on a Data Room
  • 2020 5月 28
    アジア太平洋地域のヘルスケアとライフサイエンスの M&Aの成功を確実なものに

    ヘルスケアセクターは成長の機会で満ちています。しかし、これらの機会を生かすには、複雑な情報交換を追跡しコントロールする必要があります。データ機密の必要条件と産業内の規制は、かつてなく強化されています。

    詳細はこちら
    M & A Professional Looking up at City Buildings
  • 2020 5月 25
    ローカル・スポットライト:ディール・ドライバー 日本 (日本市場の鼓動)

    専門家よりアジア太平洋地域の主要市場である日本のこれまでの対応の評価や、日本のディールメーカーにとって大きく懸念すべき金融ストレスが発生している領域について議論いたします。

    詳細はこちら
    Tokyo Japan Skyline
  • 2020 5月 15
    ディールドライバー:注目市場 日本

    新型コロナウイルスによる壊滅的な状況にもかかわらず、2020年第1四半期の日本でのM&Aは予想されたほどの被害は受けておらず、実際、金額ベースでは前年増となっている。報告書全文をダウンロードし、地域のM&A活動に関する詳細をご覧ください。

    詳細はこちら
    Tokyo Japan Skyline
  • 2020 5月 06
    ディールマーケティング・プロセスの変容

    効率を改善し、M&Aアセットマーケティングのエラーを削減するには

    詳細はこちら
    M & A Professional Looking Out Office Window