2022 5月 24

M&Aにおけるバイサイドの課題を解決する5つの策

バイサイドのM&Aプロセスを容易にする革新的なソリューションが、アドバイザーの間で切望されています。多くの場合、Microsoft Office suiteスイートが使用されますが、多くのファイルが複数の方法で送信されており、時間が重要であるにもかかわらず、重要な決定を効率的に行うために必要な情報を迅速に受け取ることができません。

Datasite Acquire は、アドバイザーがディールを実行するための一元化されたプラットフォームです。M&Aにおけるコミュニケーションと情報発信は、すべての情報が整い、可視性が高く、簡単に行動できるものでなければなりません。もし、一人でも自分の役割を果たせないプレイヤーがいれば、取引全体が崩壊してしまう可能性があります。

取引プロセスに影響を与える5つの主要な課題を特定は、革新的なプラットフォーム・ソリューションがあれば、実は簡単に解決します。


課題1:時間管理

ディールメーキングは、時間との終わりなき戦いです。クライアントの期待に応えるための時間との戦いであるだけでなく、費用対効果の高い方法で需要に応えるための時間効率化は、ますますプレッシャーになってきています。


解決策:バイサイドの案件を3週間以上短縮化

Datasite Acquireでは、すべてがプラットフォーム上で完結するため、不要なやり取りを省き、ミスや紛失などの可能性を減らすことができます。バイサイドの作業に費やす時間とリソースを削減し、資本集約的な作業ではなく、価値の高い作業に集中できるようになり、クライアントを満足させることができるのです。

そして、スピードには勢いが伴います。つまり、ディールの勢いを維持することで、プロセスの最後に成約に至る可能性が高まるのです。


課題2:非効率なプロセス

アドバイザーは、取引や行動チェックリストを一元管理することができません。スプレッドシートや関連ファイルをメールに添付すると、バージョン管理の問題が発生し、その調整に貴重な時間が奪われてしまいます。


解決策:アドバイザーのための専用プラットフォーム

Datasite の「Acquire」プラットフォームは、「Diligence」プラットフォームと同様に機能しますが、バイサイド専用に設計されています。同じセキュリティ、同じ購入プロセス、同じコア機能を備えています。

お客様の会社や組織のためにホワイトリスト化されたプラットフォームであるため、アクセスに関する問題はありません。チェックリスト、コメント、ファインディングが組み込まれ、リアルタイムで変更が反映されるため、バイサイド案件の指示をより効率的に実施し、クライアント、他のアドバイザー、セラーとの衝突やあつれきを軽減することができます。

また、ワークフローやタスク管理を効率化することで、よりタイムリーな対応を実現し、クライアントに対してより良い、効率的な提案を行うことができるプラットフォームです。

最後に、データルームで簡単に再現可能なプレイブックを作成することができます。「Acquire」は、最新のテクノロジーとプロセスを駆使したマーケットリーダーとして、クライアントや同業者から評価されています。過去のプロジェクトテンプレートを30秒で新しいプロジェクトにコピーできるため、効率的に、将来の取引に向けて独自の成功するプレイブックを作成することができます。


課題3:リスク認識

リスクの特定と優先順位付けは、あらゆる取引において重要なプロセスであり、非常にストレスの多い作業でもあります。 また、複数の方法で異なるファイルを使用したコミュニケーションは、この問題をさらに悪化させる可能性があります。


解決策:統合ファインディングツール

Datasite Acquireは、統合されたファインディンツールを使って、ディールチームのメンバー全員に重要なファインディングを簡単に伝えることができます。管理者として調査結果のカテゴリーを設定し、デューデリジェンス中に発生したすべての重要な問題を統合したリストを作成することができます。さらに、すべての項目が同じフォーマットで表示されます。


課題4:可視性と監視の不足

多数のワークストリームが存在するため、取引の健全性を評価したり、どの作業が完了し、どの問題がまだ残っているかを把握したりすることが困難です。特に、案件の進捗状況を一目で知りたい管理職・経営者にとっては、可視化はもどかしいことです。


解決策:リアルタイムダッシュボードと堅牢な分析機能

ダッシュボードは、Datasite Acquireの案件の中心にあり、トラッカーや調査結果の進捗状況、タグ付けやドキュメントのアップロード状況を一目で確認することができます。ステータスや優先順位で簡単にソートやフィルタリングができます。分析タブでは、誰がログインしているか、どのファイルにアクセスしているか、権限がどのように変更されたかなど、より詳細な情報を表示することができます。これらすべての情報は、経験があるディールメーカーを満足させ、若手ディールメーカーはデータに基づいて行動する準備ができます。


課題5:バイサイドの専門家によるサポートがない

購入者にとって、サポートを必要かどうかは、「もし」ではなく「いつ」必要なのかが問題なのです。このようなニーズは、セットアップから日常的なタスクまで多岐にわたります。


解決策:Datasiteの専門的なサポート

常にお客様の側にいるサポートスペシャリストが、導入から終了までお客様の側にいて、アナリストやアソシエイトの離職リスクや初歩的なミスを軽減させます。24時間365日体制のサポートで、重要な質問や基本的なニーズはすべて解決します。また、バイサイドのサポートスペシャリストが、どのような複雑な依頼であっても、ゴールまでお手伝いします。

 

 

詳細を知る

Datasite Acquireは、ワークフローを効率化し、直接的に時間を節約することで、あなたとあなたのクライアントに利益をもたらします。Datasite Acquireやその他の関連機能を体験したい方は、ぜひご連絡ください。

Datasiteに相談

Datasite Acquire

Datasite Acquireは、お客様のために設計された初のディールマネジメントプラットフォームで、プロセスをコントロールすることができます。VDRにいながら、繰り返しできる一元化されたプロセスを構築することができます。

詳細について

さあ、始めましょう

あなたも好きかも:

日本と韓国では高齢化の影響で製薬・医療・バイオテクノロジー(PMB)業界が拡大中

韓国と日本におけるヘルスケア産業の発展は、製薬・医療・バイオテクノロジー(PMB)分野のM&A活動において多くの条件を提示しています。これは海外のディールメーカーを惹きつけるのに十分なのでしょうか?最新のマーケットスポットライトブログでご確認ください。

Scientist studies rack of test tubes
Outreach Project Analyticsで取引の全体像を把握

ディールメーカーとして、取引の状況を把握し、プロジェクトがリスクにさらされている場合それを早期に発見することが重要です。プロジェクトに特化した分析を行うことで、トレンドが正常であるかどうかを確認することができます。そのため、ディールは現在と未来においてより良い利益を得ることができます。

M & A Professionals discussing a Data Room
ディールメーキングにデータ保護、セキュリティ、コンプライアンスが不可欠な理由

4年経った今でも、なぜデータ保護はディールメーカーにとって不可欠なものでしょうか?適切なセキュリティが確保されず、GDPRに準拠しない場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。取引データが適切に保護されていることを確認するには、どうすればよいのでしょうか。そして、最終的にあなたやあなたの取引にどのような利益をもたらすのでしょうか。