2022 8月 20

Outreach Project Analyticsで取引の全体像を把握

By Kathy Zhao, Product Marketing Manager

 

投資銀行家として、案件の進捗状況を把握し、リスクがある場合はそれを早期に発見することは非常に重要です。そして、新しいOutreachプロジェクト分析機能を使えば、案件で何が起こっているのか、正確に知ることができます。


Datasite Outreachが必要な理由

Outreachのプロジェクト分析では、案件がどのように進行しているかを可視化し、全体像を把握することができます。案件で起きていることに関するプロジェクト固有の分析を見ることができるため、トレンドが正常かどうかを確認することができます。

コンバージョンファネルでは、どのバイヤーがファネルを通過し、どのバイヤーが停止したかを確認することができます。また、Outreachで直接プロジェクトを追跡できるので、Outreach以外の場所で数字を計算するために追加のステップを踏む必要がありません。


Datasite Outreachの使い方

プロジェクトの分析結果を見るには、Outreachプロジェクトの上部にある「Analytics」タブをクリックします。

OutreachプロジェクトがDiligenceプロジェクトにリンクされている場合、Analyticsタブにデータルームのエンゲージメント分析も表示されますので、バイヤーがデータルームで何をしているか確認することができます。



今すぐ、そしてこれからも役立つ

Outreach Project Analyticsでは、案件が危険にさらされているかどうか、どこで行き詰っているか、異常がないか、バイヤーを前進させるためにどのアクションが必要かをすばやく把握することができます。そして、バイヤーを前進させるために必要なアクションを特定します。

 

M & A Professionals Present Data Room Concept

Project Analyticsのデモ

進行中の取引からインサイトや分析結果を得ることができます。すべてのプロジェクトが一箇所に集まっているため、案件の可視化、成約確率の測定、チームの監視など、これまでにない効果を得ることができます。

デモを申し込む

Datasite Outreach

Datasite Outreachは、バイヤーリストの作成、アウトリーチ活動の実施、NDAの管理など、ディールマーケティングプロセスを管理するための不可欠なリソースです。

詳細を見る

さあ、始めましょう

あなたも好きかも:

マーケット・スポットライト: APACのM&A銀行家は、市場の減速に直面しながらもメガディールに注力

資金調達の環境が厳しくなり、M&AやIPO市場が減速する中、銀行の収益が圧迫されています。逆風が吹き荒れる中、投資銀行はアドバイスする案件をより厳選する必要がでてくることでしょう。

M & A Professional Working on a Data Room
マーケットスポットライト:アジアの新しいユニコーンクラブメンバーの紹介

10年前、評価額10億ドル以上の未上場新興企業を指す「ユニコーン」という言葉が初めて使われたとき、そのような価値のある新興企業は稀であったため、その言葉選びは適切であったと思われています。現在、世界には1,100社以上のユニコーン企業が存在し、10年足らずで27倍に増え、その累積価値は40億米ドルに近づいています。そのうちの約40%はアジアの企業なのです。

M & A Professionals discussing a Data Room
バイサイドの法務チームが大きな障害に勝つ5つの方法

M&Aに関する法律的なアドバイスを提供する場合、「時は金なり」とは限りません。摩擦、非効率性、中央管理の欠如は、あらゆる取引の歯車を狂わせます。さらにディールチームは、重要な意思決定を迅速に行うために必要となる洞察力に欠けています。これらはすべて、取引全体を停滞させかねない時間のロスにつながるのです。バイサイドのM&Aにおける5つの最大の課題を克服する方法についてご紹介します。

M & A Professionals discussing a Data Room