2021 2月 04

ライフサイエンス企業のためのVDR 3大秘訣

マイケル・ケネディ(地域副社長、北東部)

 

ライフサイエンス企業は、医薬品の承認を得るまでの間、独自の財務取引管理の課題に直面しています。リーン経営の研究開発会社は、現代取引決定が要する管理に対応できる事務体制をほとんど持っていません。基幹の臨床試験と平行して、資金調達、ライセンス許諾や取得、IPO(株式公開)など、さまざまな財務戦術が必要となります。最後に、ディールを成功させるには、知的財産(IP)の慎重な開示と、HIPAAのような業界特有のデータプライバシー法の遵守が必要です。

ライフサイエンス分野で金融取引管理技術を提供するリーディングカンパニーとして、私たちはこれらの問題を熟知しています。Datasiteは、年間1,400件以上のヘルスケア取引をホストしており、世界中で毎月13,000人以上の業界の取引関係者が参加しています。この経験に基づいて、Datasiteは独自の3つの方法で支援できます。

 

1. 私たちのプロジェクト・マネジメント・サポートを活用しましょう

使い方は簡単です。当社をご利用ください。お客様の時間は限られており、ディールの適切なセット・アップは数日かかる場合があります。短時間で仮想データルームの整理のエキスパートになる必要もあります。

当社のプロジェクトマネジメントチームは無料で、ドキュメントの読み込みや整理、ドキュメントやユーザーの権限の設定など、あらゆる面でお客様をサポートします。無料のサポートはなかなかありませんので、ぜひご利用ください。

 

2. 1つのデータルーム、多数の財務取引

ライフサイエンス業界では、複数のトラックプロセスを並行して実行することが一般的です。多くの場合は様々な目的で、異なる当事者とドキュメントを共有する必要があります。例えば、クライアントは複数のライセンス契約、IPO、セルサイドの案件を同時に抱えている場合があります。

メインインデックスに各取引を個別のファイルルームとして設定することをお勧めします。これにより、各プロセスを1つの中央ロケーションから高レベルのセキュリティで管理することができます。取引には、同じファイルや基礎となる文書が多く必要となるため、1つのプロセスで行った作業を簡単に再現し、次に行うトランザクションに合わせて調整することができます。

3. IPが完全に保護されることを保証

ライフサイエンス企業の知的財産は唯一の資産であることが多いため、その保護は不可欠です。Datasiteのドキュメント許可は、特定のユーザーがどのドキュメントを見ることができるか、そしてその情報を使って何ができるかを簡単にコントロールすることができます。例えば、外部当事者に機密書類の閲覧のみを許可し、印刷やダウンロードする事を禁止できます。また、アプリ内のウォーターマークにより、ドキュメントのセキュリティをさらに強化することができます。

さらに安心してご利用いただくために、「分析」タブの「権限ダッシュボード」で、ドキュメントとユーザーの権限を常にトリプルチェックしてください。さらに、最も重要なドキュメントに対するユーザーの活動を綿密に追跡することをお勧めします。これは「分析」タブで行うことができます。また、サービスチームにカスタムレポートの作成を依頼すれば、何度でもレポートを受け取ることができます。

まとめ

医薬品の承認を得るまでの間、複数の金融取引をこなすことは、大変な労力を必要とします。以下の簡単なステップを踏むことで、貴重な時間を節約し、投資家やパートナー、バイヤーに対して最高の状態でアピールすることができます。

Datasiteがどのようにお客様をサポートできるかを知りたい方は、いますぐお問い合わせください

  • Datasiteヘルスケアとライフ・サイエンス

    ライセンス許諾、上場、M&Aでも、目標を迅速に達成し、機密データを安全に保つことができます。

  • Taking the Temperature of the Healthcare Sector

    Our latest video series will give you exclusive insights into the year ahead from some of the top minds in the space.

さあ、始めましょう

あなたも好きかも:

日本と韓国では高齢化の影響で製薬・医療・バイオテクノロジー(PMB)業界が拡大中

韓国と日本におけるヘルスケア産業の発展は、製薬・医療・バイオテクノロジー(PMB)分野のM&A活動において多くの条件を提示しています。これは海外のディールメーカーを惹きつけるのに十分なのでしょうか?最新のマーケットスポットライトブログでご確認ください。

Scientist studies rack of test tubes
Outreach Project Analyticsで取引の全体像を把握

ディールメーカーとして、取引の状況を把握し、プロジェクトがリスクにさらされている場合それを早期に発見することが重要です。プロジェクトに特化した分析を行うことで、トレンドが正常であるかどうかを確認することができます。そのため、ディールは現在と未来においてより良い利益を得ることができます。

M & A Professionals discussing a Data Room
ディールメーキングにデータ保護、セキュリティ、コンプライアンスが不可欠な理由

4年経った今でも、なぜデータ保護はディールメーカーにとって不可欠なものでしょうか?適切なセキュリティが確保されず、GDPRに準拠しない場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。取引データが適切に保護されていることを確認するには、どうすればよいのでしょうか。そして、最終的にあなたやあなたの取引にどのような利益をもたらすのでしょうか。