2022 7月 26

Datasite Forecaster による2022年下半期の世界展望

株式市場の急降下、インフレ、通貨の下落、ガス価格、ウクライナ・ロシア戦争、不況に対する懸念等、現状では、世界の金融情勢はあまり楽観視できません。

しかし、M&Aに関しては、楽観的な見方もあります。民間市場の回復、クリエイティブな取引構造、そして現金投入という終わりのないニーズが、M&Aを前進させ続けています。

では、下期のディールメーキングはどのような見通しでしょうか。Datasiteのプラットフォーム上で集約・匿名化されたグローバルM&Aディールアクティビティに基づく最新レポートでは、以下を検証しています。

  • グローバルおよび地域別の前年同月比M&A活動量
  • グローバルおよび地域のセクター別の傾向
  • セルサイド・デューデリジェンス・ベンチマーク
  • バイサイド・デューデリジェンス・ベンチマーク

次の案件に着手する前に、予測を確認してみましょう。

さあ、始めましょう

あなたも好きかも:

Deal Drivers: APAC 2023 の展望

2022年、APAC地域全体のM&A件数は、はじめの9ヶ月間、揺るぎない強さをみせました。経済成長が鈍化する中でも、ディール件数は安定して推移し、第1~3四半期を通じて過去の水準を大きく上回っています。今後、数ヶ月間のディールメーキングを牽引するであろうトレンドについて、当社の2023年展望に関するレポートをお読みください。

APACエリアのにおける2022年Q3ディールドライバー

現在のマクロ経済は、ディールメーカーにとって舵取りが難しい環境であることを提示しています。2022年Q3のデータでは、APACのM&Aはディールメーキングがコロナ禍以前のレベルに戻っており、重要な局面であると示しています。市場はこれから正常化するのか、それとも下降していくのでしょうか。アジア太平洋地域のM&A活動やトレンドについては、Deal Drivers APAC Q3 2022をご覧ください。

[Deal Drivers Report]アジア太平洋地域 2022年上半期

APACにおけるM&Aは、2022年上半期は主にインド、オーストラリア、日本といった地域の市場で力強いパフォーマンスを示しました。東南アジアの成長鈍化や、上海の長引くロックダウンが企業活動に深刻な影響を与えたにもかかわらず、APAC全域のM&A活動の回復が証明されました。M&A活動やトレンド、トップ取引、トップビッド、地域ごとの注目セクターに関する詳細は「Deal Drivers: APAC HY 2022」をご覧ください。