2020 5月 06

ディールマーケティング・プロセスの変容

効率を改善し、M&Aアセットマーケティングのエラーを削減するには

投資銀行のビジネスではあらゆる部分にデジタル変容の影響が及んでおり、合併買収業務もその例外ではありません。M&Aのディールマーケティング・プロセスは、多くの場合旧弊のある技術を使用して行われ、おびただしい混乱を引き起こしています。

投資銀行が賢明に技術投資を行うことで、クライアントによりよいサービスを提供し、インテリジェンス能力を通じてより多くの委任状を勝ち取ることにつながります。

ぜひ白書をダウンロードしてください。ディールマーケティング・プロセスを最適化する方法をご紹介します。

あなたも好きかも:

[Deal Drivers Report]アジア太平洋地域 2022年上半期

APACにおけるM&Aは、2022年上半期は主にインド、オーストラリア、日本といった地域の市場で力強いパフォーマンスを示しました。東南アジアの成長鈍化や、上海の長引くロックダウンが企業活動に深刻な影響を与えたにもかかわらず、APAC全域のM&A活動の回復が証明されました。M&A活動やトレンド、トップ取引、トップビッド、地域ごとの注目セクターに関する詳細は「Deal Drivers: APAC HY 2022」をご覧ください。

Deal Drivers レポート: APAC Q1 2022

APAC地域では、2022年第1四半期にM&A活動が全体的に減少しましたが、APAC地域の取引は他の地域を上回り、米国やEMEA地域に比べると急激な落ち込みは見られませんでした。日本およびその他地域のM&A活動やトレンド、上位ディール、上位入札者、注目セクターについては最新の Deal Driver レポート:APAC Q1 2022をご覧ください。

Deal Drivers レポート:APAC FY 2021

2021年のセクター別トップ10ディール、最新のヒートチャート、リーグテーブル、金額・数量別の上位入札者などの詳細については、最新のDeal Driversレポートをご確認ください。