Datasite Cloud

不動産向け

不動産取引業者のニーズを把握

不動産取引は、一見とても簡単そうに見えますが、現実はそうではありません。 権利確認、物件状況の検証、測量や区割りのディリジェンス、リースやチェンジオブコントロールの評価、潜在的な先取特権や訴訟、環境評価などを行うと、1つの物件に対して貴重な時間を要します。

国内または多国籍事業体の保有におけるこのレベルや厳格さを考慮すると、困難な作業は実現不可能に見えます。 不動産の機会をめぐる競争はプレッシャーを高めます。しかし統合や不動産機会を使用して別の事業に拡大したり、新しい部門を開発したりするという願望は、需要を高め、タイムラインを短縮させてしまいます。

セルサイドの不動産取引チームは、デリジェンスを促進するためのプラットフォームを必要としています。バイサイドの不動産取引チームには、より包括的な評価を促進するプラットフォームが必要です。Datasite Cloudは両方の問題を同時に解決します。

10 件中 6 件

上位グローバルM&A取引

14,000+

年間に作成されるデータルーム数

GDPR / CCPA / APP

準拠

24/7/365

サポート

取引の全範囲

  • 売手側

    売手側M&A プロセスは、ドキュメントをデータルームに読み込ませるだけではありません。さらにもっと多くのことが必要とされます。Datasite Cloudは、すべての課題を管理できるように設計されています。

  • 買手側

    Datasite Cloudを使用して、買手側のデューデリジェンスプロセス全体を管理します。より迅速に意思決定を行い、これまで以上に迅速に成約後に向けて統合に移行します。

  • 資金調達

    Datasite Cloudは、株式や債券の私募、公募、有担保および無担保のローン取引を促進するための理想的なプラットフォームです。

  • 安全な保管

    Datasite Cloudは、デューデリジェンスの準備を支援するだけでなく、デューデリジェンスを取り巻くプロセスの管理を支援します。そして、その後、そのデータを安全に保管します。

  • 新規株式公開(IPO)

    Datasite Cloudは、同時に発生する売手側プロセスを効果的に管理しながら、SECが要求するドキュメントの迅速かつ効率的なドラフトを可能にします。

  • 組織再編

    いくつかの資産を処分する場合でも、より複雑な破産問題に従事する場合でも、Datasite Cloudは事業再編プロセスのすべての側面を管理するのに役立ちます。

  • 資金調達

    Datasite Cloudで資金調達のプロセスを体系化します。すべてをひとつのプラットフォーム内に。

  • ライセンス

    企業はDatasite Cloudを利用して、時間を節約し、リスクを最小限に抑え、ライセンスプロセスをより詳細に管理しています。

Datasite Cloudは、どのような人に選ばれているのでしょうか?

Datasite. Where deals are made

デモをリクエストする