2022 12月 01

韓国のコングロマリットとテックユニコーンの間でパートナーシップは生まれるか?

韓国は、個人間および公開市場に支えられた強力なスタートアップエコシステムを構築しています。 強力なR&Dと生産能力により、世界知的所有権機関が発表した最新のグローバル・イノベーション・インデックスで5位にランクインしています。

世界中から注目が集まる中、韓国は世界のテクノロジーどのように関わっているのでしょうか。Web3テクノロジーは韓国のビジネスにどのような影響を与えるのでしょうか?テクノロジーの展望はどのように進化しているのか、今後数年間で最も成長するのはどのサブセクターなのでしょうか。

これらの質問は、先日ソウルで開催された「AVCJ Private Equity and Venture Forum Korea」のパネルディスカッションででたトピックです。「Technology and innovation in South Korea - Taking center stage」のセッションでは、Sparkslab Groupの共同設立者兼パートナーのJimmy Kim氏がモデレーターを務め、下記皆様がパネリストとして参加しました。

  • Altos Ventures パートナー        Park Heeeun氏
  • Hyundai Mobility 副社長             Ken Shin氏
  • Tekton/Partech Partnersマネージングパートナー       Jai Choi氏
  • Datasite APAC部門ヘッド         Desmond Chua

 

韓国の第4次産業革命で注目されるWeb3

第4次産業革命は技術革新によってもたらされ、“新しい”エコノミー企業は、韓国と東アジアにおける気候や持続可能性、ロボットやオートメーション、サプライチェーンやロジスティックスといったサブセクターの成長と進化を予測しています。

Web3 技術は、投資家にとって、フロントランナーとして、また投資対象として現実的な選択の一つとなっています。Web3に対する投資家の認識は様々で、消費者と生産者の距離が縮まり、仲介者を必要としなくなるという見方があります。

また、若い世代、特にZ世代は、テクノロジーが提供する透明性を好み、それがもたらす公正さを高く評価しているともいわれています。この点で、Web3テクノロジーは、彼ら同士がコミュニケーションをとり、サービスプロバイダーも参加できるようなコミュニティ形成を可能にします。

韓国のハイテクシーンは、投資の観点からも大きな機会を提供しています。従来の投資家、すなわち企業や金融機関はテクノロジー取引に参加し、デジタル上のシェア拡大を狙っているため、投資の観点からも大きな機会があるといえるでしょう。

景気後退期におけるディールフローの機会

韓国で投資とディールメーキングの準備が整っているといわれるセクターは、両極に分かれています。国としては、一人当たりのGDPが高いため、可処分所得が増加した消費者は「時間を買う」ことを好み、レジャー産業、家事サービス、医療などの分野では、不況下でも需要が高まる可能性があります。

一方、テクノロジーがもたらしたニューエコノミー関連の新興企業が新しい投資先として、台頭してきています。気候変動やSDGs、ロボットと自動化、サプライチェーンロジスティックスなど進化し続けるセクターは、韓国と東アジアで成長見込みのある分野といえるでしょう。

韓国およびAPAC地域におけるディールメーキングのトレンドや市場情勢については、DatasiteのDeal Driversレポートをご覧ください。

 

Deal Drivers: ローカルスポットライト

Datasiteでは、APAC地域以外にも、EMEA地域(ヨーロッパ、中東、アフリカ)、南北アメリカなど世界各地のM&A市場の状況について、最新の情報のお届けします。世界のM&A事情に興味のある方はこちらより各地域のレポートをご覧ください。

詳細はこちら

さあ、始めましょう

あなたも好きかも:

M&AとDX:APACにおけるビジネスチャンスと課題

フィンテックは、東南アジアの注目セクターとして浮上しています。フィンテックは銀行業務を急速に変化させており、投資家はこの分野に注目しています。APACにおけるDXによるM&Aの可能性については、新しい専門家ブログで詳しくご紹介しています。

City Skyline
Dealmakers Dialogue: アジアにおける5億アメリカドル以上のクラブ

ベンチャーキャピタルのファームでは、東南アジア市場が新興企業のための試験場として進化していることをどのように見ているのでしょうか。アジア地域のディールメーカーズダイアログで、スタートアップやスケールアップ企業を支援する5億ドルクラブの詳細をご覧ください。

日本のM&Aの最新状況:現状匕動向

コロナ禍からの経済回復の矢先に世界的な高インフレが訪れています。Datasiteは今年、東京でパネルディスカッションを主催し、専門家たちが日本のM&Aの最新状況と、この先の日本のM&Aを牽引する投資テーマ、トレンドそしてリスクと課題について、議論しました。