2022 12月 01

Acquire dashboard: バイサイド案件の道筋を照らす

物事をはっきりと見ることができない、ディールの取引などは先を予測することは困難です。プロセス、進捗状況の確認、人員調整など、多くのことが起こっています。さらに、市場の不確実性も加わり、複雑さが増しています。Datasite のAcquire dashboardは、どんな状況下においても、取引に必要な情報を提供します。

パイロットがいうように、十分な情報があれば、操縦桿一つで離着陸・飛行を簡単に行うことができます。DatasiteのAcquire dashboardは、どんな状況下においても、トップレベルの進捗管理、日々のタスク管理まで取引に必要な情報すべてを提供し、目的地までの道のりを照らします。


ダッシュボードが迷路を滑走路に変える方法

あなたの主な課題は2つあるといえるでしょう。案件の進捗状況を全体把握したい一方で一つ一つのタスク・指標を確認する必要もあります。そして、その詳細が全体像の見方を曇らせることがあってはなりません。

しかし、課題はそれだけではありません。どんな取引も常に変化しているため、受け身なダッシュボードでは、周囲の状況の変化に遅れをとることになるでしょう。来月は、今モニタリングしている内容とは全く違うものをモニタリングする必要があるかもしれません。

何よりも、まずは、見ているデータの意味を理解することが重要です。何が起きているのかを視覚化できてはじめて、取引を継続するために必要な迅速な意思決定が可能になるのです。

Datasite Acquireのダッシュボードは、このようなニーズをすべて満たすように設計されています。一目でわかる概要から、数回のクリックで詳細までドリルダウンすることができるため、デューデリジェンス・データポイントの作成、設定、可視化も思いのままに行えます。

これにより、作業の流れが可視化され、どのタスクを追いかける必要があるのか、どの調査結果を実行する必要があるのかなど、推測時間を無駄にすることはありません。取引内容を手に取るように把握することができます。


あなたがデザインするバイサイドダッシュボード

Acquire Dashboardはカスタマイズ可能です。自分の役割に合わせたダッシュボードを構築し、設定することができます。プライベート・エクイティのアナリストが売り手の活動をチェックする場合もあれば、企業開発チームの責任者として、ステークホルダーに報告する場合もあるでしょう。どんな仕事であれ、あなたにぴったりのダッシュボードを作ることができるのです。

ディールステータス、調査結果、締め切り、トラッカーサマリーなど、必要なビューを表示するように設定するだけで、複数のグラフタイプでデータを分析します。また、ユーザーとワークストリームに必要なアクセス権だけを割り当てることで、機密情報を保護することができます。

Datasite Acquireダッシュボードのサンプル

Acquire Dashboardを最大限活用するための5つのヒント
  1. 2つのソースから、貴重なインサイトをダッシュボードに直接ストリーミングできます。トラッカーと調査結果を設定することで、すべてリアルタイムで見ることができます。
  2. 特定の分野に特化させたり、特定のユーザーに向けた内容にしたり、カスタマイズされた様々なダッシュボードを作成できます。簡単にコピーでき、制限なくスピーディーに作成できます。
  3. 10種類以上のウィジェットを組み合わせが可能です。円グラフなどのグラフとタイル形式ビューの組み合わせをした上で、サイズの変更、並べ替え、編集、そしてエクスポートも可能です。
  4. ダッシュボードのアクセス権を設定し、必要なものだけを表示させることができます。トグルスイッチ1つで、必要に応じたアクセス権限の付与・制限を実現します。
  5. いつでも、専用のサポートチームが特定の取引に最適なツールやウィジェットを決定する、理想的なダッシュボードをデザインするお手伝いをします。

経済状況が悪いと、ディールを成功させるのはかなり難しくなります。しかし、Datasiteのダッシュボードから得られる明確かつ統制された情報があれば、ディールを軌道に乗せることができることでしょう。

 

買い手側のプロセスをコントロールする

買い手側のデューデリジェンスは、複雑なマニュアル作業かつ短い期限に追われており、さらにほとんどのプラットフォームが売り手向けに構築されているため、難しい作業をさらに難しくしています。Datasite Acquireがどのように目標達成に貢献できるかをご覧ください。

詳細はこちら

次の買収の準備はできていますか?

1対1の買収、ロールアップ、その他の投資機会を検討している場合でも、バイサイドのために構築されたデータルームでの経験がない方も多いことでしょう。Datasite Acquireであなたの戦略を強化し、すぐに効果を実感してください。

詳細はこちら

その他の新機能は

Datasiteユーザーに提供される最新機能をご紹介します。トップクラスのツールや最新のイノベーションを利用して、M&A案件をより早く、より簡単に完了させましょう。

詳細はこちら

さあ、始めましょう

あなたも好きかも:

Dealmakers Dialogue: アジアにおける5億アメリカドル以上のクラブ

ベンチャーキャピタルのファームでは、東南アジア市場が新興企業のための試験場として進化していることをどのように見ているのでしょうか。アジア地域のディールメーカーズダイアログで、スタートアップやスケールアップ企業を支援する5億ドルクラブの詳細をご覧ください。

日本のM&Aの最新状況:現状匕動向

コロナ禍からの経済回復の矢先に世界的な高インフレが訪れています。Datasiteは今年、東京でパネルディスカッションを主催し、専門家たちが日本のM&Aの最新状況と、この先の日本のM&Aを牽引する投資テーマ、トレンドそしてリスクと課題について、議論しました。

韓国のコングロマリットとテックユニコーンの間でパートナーシップは生まれるか?

韓国は、個人間および公開市場に支えられた強力なスタートアップエコシステムを構築しています。韓国のテクノロジー市場では、従来の投資家、すなわち企業や金融機関はテクノロジー取引に参加し、デジタル上のシェア拡大を狙っているため、投資の観点からも大きな機会があるといえるでしょう。