2022 2月 28

オーストラリアのメガ年金ファンドがクロスボーダーM&Aで成長を目指す

イーウェン・チェン Datasiteオーストラリア&ニュージーランドエリア責任者

 

オーストラリアの年金制度は、長い間、小規模なファンドが乱立している状態でした。しかし、オーストラリア健全性規制庁(Australian Prudential Regulation Authority)の指導の下、この状況は変わりつつあり、年金基金の運用力は今後ますます盛んになりそうです。

オーストラリアのスーパーアニュエーション協会は、2021年9月末時点の同国の年金セクターは約2.5兆米ドルで、前年比18%増と報告しています。経済協力開発機構によると、この2.5兆ドルという金額は、米国、英国、カナダ、オランダに次いで世界で5番目に大きな年金資産のプールだそうです。

金融サービス規制当局では、一部の小規模かつパフォーマンスの低いファンドの運用成績を改善し、高い手数料など非効率性の抑制を目指しているため、昨年はファンドの統合が相次ぎました。2020年10月から2021年10月に、オーストラリアでは過去最高となる15件の年金ファンドの合併が行われました。

 

スーパーアニュエーションファンドがM&Aを後押し

30年間の年金積立が義務付けられているオーストラリアでは、少数の専門ファンドに加え、よりパフォーマンスが高く、国際的な競争力のあるメガファンドが中心となって、スーパーアニュエーションが展開されることになるでしょう。わずか3年前、オーストラリアには200以上のスーパーアニュエーションファンドが存在しました。

M&A関係者はオーストラリアで成長する年金プレーヤーが、リスク分散のために国境を越えた大きなビジネスチャンスを求めることを期待しています。スーパーアニュエーションファンドは、この改革により競争力のあるパフォーマンスを発揮できるようになったため、投資資金として利用が可能となりました。

オーストラリアの多くの年金基金が、大口のクロスボーダーM&Aに積極的であることを公言しています。最新、2021年12月の事例として、年金ファンド「Sunsuper」が、オーストラリアの政府系ファンド「QIC」とともに、ニュージーランドで2番目に大きな医療法人である「Evolution Healthcare」の買収に関する拘束力のある契約を締結しました。

APACエリア全体のM&Aをより深く理解し、リーグテーブルや2022年に成長が期待される注目セクターを示すヒートチャート、2021年に各セクターがどのように推移したなどを確認することができます。詳細はDeal Drivers: APAC FY 2021 レポートをご覧ください。

Deal Drivers レポート:APAC FY 2021

本レポートでは、2022年のM&A活動に影響を与えるセクターと新たなトレンドについて分析しています。

レポートをダウンロード

さあ、始めましょう

あなたも好きかも:

市場の注目ポイント。クリーンエネルギー革命への貢献

エネルギーセクターでは、2022年初頭、ロシアのウクライナ侵攻とサプライチェーンの混乱に伴う商品価格の上昇と、低炭素・再生可能エネルギーへの移行促進を求める世論が特徴的であった。ステークホルダーや消費者は、企業が成長戦略において環境・社会・ガバナンス(ESG)目標を重視することをこれまで以上に強調しています。

M & A Professionals Working on a Data Room
バイヤー側のデータルームがバイヤーにとって有利である4つの理由

これまで、長年にわたり、バイヤーは経験の浅い売り手が設置したデータルームで作業しなければならず、そのために、多くのバイヤーが自分のデータルームからバイヤー側のプロセスを実行するようになりましたが、これは必ずしも理想的な形ではありません。 この問題を解決するために、2021年に世界初の買い手側M&A専用プラットフォーム「Datasite Acquire」を立ち上げました。買い手側のM&Aディールメーカーにとって、自社プラットフォームを持つことが重要であることは明らかであり、実際に中堅のマイニングカンパニーから大手のグローバル・プライベート・エクイティ・ファームまで、あらゆる形態、規模、セクターの企業が乗り換えています。なぜ、乗り換えが起きているのか、詳しくご紹介いたします。

M & A Professionals Working on a Data Room
市場の注目ポイント。 DX化とESGが日本のM&Aの主役に

先日にMergermarketとDatasiteが共催したウェビナー、「ジャパンディールモメンタム:M&A、プライベートエクイティ、テクノロジートレンド」では、登壇した専門家たちが2021年の日本のM&Aパフォーマンスを解説し、2022年の市場展望を共有しました。