2022 5月 24

Deal Drivers レポート: APAC Q1 2022

APAC地域でも2022年第1四半期にM&A活動が減少し、日本では新型コロナ感染が過去最高となるなど急増し、国内のM&A活動が大きく停滞しました。

しかし、APAC地域のM&A活動は、米国やEMEA地域の取引よりも急激な落ち込みが少なく、当四半期のディール件数は1,600億米ドルに達し、パンデミック前とほぼ同じ水準です。

また、日本の多くの大企業が子会社を売却しており、今後の取引に必要な企業資産が潤沢にあることが明らかになりました。これにより、日本やAPAC地域のM&A活動は今後さらに活発化するでしょうか?

詳細についてはDeal Drivers レポート: APAC Q1 2022をご確認ください。

レポート内容:

  • APAC市場の概要と展望
  • 各市場の「ディール・ドライバー」:
    • 中華圏
    • 韓国
    • 日本
    • インド
    • 東南アジア
    • オーストラリア&ニュージーランド
  • 地域別・サブリージョン別の発表済み案件トップ10
    • 取引量および取引額で上位の案件
    • 取引量と取引金額で上位の入札者

さあ、始めましょう

あなたも好きかも:

Deal Drivers レポート:APAC FY 2021

2021年のセクター別トップ10ディール、最新のヒートチャート、リーグテーブル、金額・数量別の上位入札者などの詳細については、最新のDeal Driversレポートをご確認ください。

Deal Drivers: APAC 2022 展望レポート

2022年のAPACの取引に影響を与える要因の5つの予測および、マージャーマーケットのデータに基づいた注目すべき業界と地域を示す最新のヒートチャートをご覧ください。これらはすべて、今後数ヶ月間にわたって取引が盛んになると思われるAPACのM&A展望レポートにも記載されています。

Deal Drivers: APAC Q1 2021

APAC地域は、新型コロナウイルスがほぼ収束し、経済回復の見通しについても楽観的な希望に満ちた雰囲気で2021年を迎えました。今回の「Deal Drivers: APAC Q1 2021」レポートは、各セクターの振り返りや今後の予測などをご紹介いたします。

Tokyo Japan Skyline