2021 11月 10

Deal Drivers: Asia Pacific Q3 2021 レポート (※2021年7月~9月)

In partnership with Mergermarket, an Acuris company 

2021年は、新型コロナウイルス感染拡大の際に見られたM&A取引の停滞から回復がみられた年であり、Q3のアジア太平洋地域のM&Aデータの前年同期比を見ると、取引の件数と金額は健全な成長傾向を示しています。

Q3に、日本では126件のM&A取引、取引額では116億米ドルを記録しました。近隣諸国に比べて低調でしたが、国際通貨基金(IMF)は、日本の経済成長率は2021年に2.4%、2022年に3.2%になると予測しています。日本のM&Aも、着実な回復をみせるのでしょうか。

今回のDeal Drivers: APAC Q3 2021レポートでは、日本およびアジア太平洋地域全体の取引に関する最新情報、または今年の最終四半期(10月~12月)以降のM&Aの新たなトレンドについてご紹介いたします。

 

内容概要

  • アジア太平洋地域の市場の概要
  • 世界各地域のM&A現状:
    • 中華圏
    • 韓国
    • 日本
    • インド
    • 東南アジア
    • オーストラリア・ニュージーランド
  • 地域別・サブリージョン別の発表済み案件トップ10
  • 件数・金額別トップ取引
  • 件数・金額別トップビッター

 

 

Deal Drivers: ローカルスポットライト

Datasiteでは、APAC地域以外にも、EMEA地域(ヨーロッパ、中東、アフリカ)、南北アメリカなど世界各地のM&A市場の状況について、最新の情報のお届けします。世界のM&A事情に興味のある方はこちらより各地域のレポートをご覧ください。

続きを読む

さあ、始めましょう

あなたも好きかも:

Deal Drivers レポート:APAC FY 2021

2021年のセクター別トップ10ディール、最新のヒートチャート、リーグテーブル、金額・数量別の上位入札者などの詳細については、最新のDeal Driversレポートをご確認ください。

Deal Drivers: APAC 2022 展望レポート

2022年のAPACの取引に影響を与える要因の5つの予測および、マージャーマーケットのデータに基づいた注目すべき業界と地域を示す最新のヒートチャートをご覧ください。これらはすべて、今後数ヶ月間にわたって取引が盛んになると思われるAPACのM&A展望レポートにも記載されています。

Deal Drivers: APAC Q1 2021

APAC地域は、新型コロナウイルスがほぼ収束し、経済回復の見通しについても楽観的な希望に満ちた雰囲気で2021年を迎えました。今回の「Deal Drivers: APAC Q1 2021」レポートは、各セクターの振り返りや今後の予測などをご紹介いたします。

Tokyo Japan Skyline