2022 11月 15

APACエリアのにおける2022年Q3ディールドライバー

Mergermarketとの提携

 

2022年に向けて、世界のM&A市場は警戒を強めている。APACでは、ディール件数は前年同時期比で25%減少しているが、アメリカやEMEAエリアと比較すると依然として堅調に推移しています。

インフレ圧力と金融引き締め政策のもと、今後1年間はすべての主要国で経済成長の勢いは失速すると予想されています。日本では、人口衰退と長年の成長停滞により、取引額では中国、オーストラリア・ニュージーランドに次ぐ規模であるにもかかわらず、取引額は減少しています。

この状況が安定するには、どの程度の時間がかかるのでしょうか。また、2021年のようなディールメーキングの大盛況を繰り返すことはできるのでしょうか。

APACのM&Aがどのように推移しているか、またディールメーキングが活発になりそうなセクターについては、弊社のDeal Drivers APAC Q3 2022レポートをご覧ください。

ンテンツ

  • APACにおけるM&A市場の概要と展望
  • M&Aディールドライバー
    • 中国
    • 韓国
    • 日本
    • インド
    • 東南アジア
    • オーストラリア・ニュージーランド
  • 地域別の発表済み案件トップ10
    • 取引量と金額で上位案件
    • 数量・金額における上位入札者

さあ、始めましょう

あなたも好きかも:

Deal Drivers: APAC 2023 の展望

2022年、APAC地域全体のM&A件数は、はじめの9ヶ月間、揺るぎない強さをみせました。経済成長が鈍化する中でも、ディール件数は安定して推移し、第1~3四半期を通じて過去の水準を大きく上回っています。今後、数ヶ月間のディールメーキングを牽引するであろうトレンドについて、当社の2023年展望に関するレポートをお読みください。

[Deal Drivers Report]アジア太平洋地域 2022年上半期

APACにおけるM&Aは、2022年上半期は主にインド、オーストラリア、日本といった地域の市場で力強いパフォーマンスを示しました。東南アジアの成長鈍化や、上海の長引くロックダウンが企業活動に深刻な影響を与えたにもかかわらず、APAC全域のM&A活動の回復が証明されました。M&A活動やトレンド、トップ取引、トップビッド、地域ごとの注目セクターに関する詳細は「Deal Drivers: APAC HY 2022」をご覧ください。

Datasite Forecaster による2022年下半期の世界展望

世界的に厳しい状況が続く中、今後のM&Aも楽観視することはできないが、上昇・下降いずれの見通しがでています。不動産、ライフサイエンス、ヘルスケア、テクノロジー関連の案件が急増し、APACが牽引しています。世界のディールメーキングの方向性について、データは何を語っているのでしょうか。Datasiteのプラットフォームで行われた世界のM&A取引を匿名化し、集計した最新レポートをご覧ください。