Get Started with Datasite

Speak to our authoritative sales team, wherever you are in the world, and we’ll get you started in no time.

Contact Us

Datasite for IPO Management

Datasiteは、発行者、アドバイザー、アンダーライターのために、安全でアジャイルなIPOプロセス管理を保証します。情報漏洩の結果によるオファー価格の低下が、株主に数百万ドルの損害を与えることもあります。ロードショーの結果が悪ければ、デュアルトラック・プロセスの引き金となり、柔軟性に欠けるデータルームではエグジットが滞ってしまいます。当社のデータルームソリューション、サポートと25年以上の経験により、IPOの安全を保障し、成果を最適化するためにチームを機敏に動かすことができます。

IPO管理のためのセキュリティとアジリティ

10,000以上

1年間に管理される金融取引

320,000以上

Datasiteの年間利用者数

GDPR & CCPA

コンプライアント

24時間 365日対応

インハウス・サポート

IPOジャーニー全体をサポート

ロードショーの準備

社内外のチームと安全にドキュメントを共有するための準備をしましょう。

レギュラトリー・コミュニケーション

SECや企業登記局、証券取引所に対しどのように対応するべきでしょうか?データルームを介してストリームライン化され、あらゆるグローバルスタンダードに対応する堅牢性を備えたコミュニケーションが実現します。

セカンダリオファリング

最適なタイミングで資本市場に参入することができます。新しいインデックスを作成することなく、VDRを再配置することができます。

私募

優先出資で、専用のM&Aプレディリジェンスツールを活用し買手体験を向上させます。

資本調達

データルームを利用する上で欠かせないもの。多くの潜在的投資家。視点は様々。ディールメイキングを1つのプラットフォームで。

特徴と利点

Datasiteは、発行者、アドバイザー、アンダーライターのために、安全でアジャイルなIPOプロセス管理を保証します。当社のデータルームソリューション、サポートと25年以上の経験により、IPOの安全を保障し、成果を最適化するためにチームを機敏に動かすことができます。

効率的な準備

IPO文書の迅速な収集分類は骨の折れる作業です。一括アップロード、文書プレビュー、AI/MLインデックス機能を備えたDatasiteを通してアンダーライティング準備プロセスを慌てることなく進めることができます。

デモを表示する

安全性の維持

ユーザーレベルおよび文書レベルの権限設定により、文書作成のためのチームの帯域幅を増やし、コンテンツを完全に管理できるようにします。ISO 27001認証とSSAE 16 SOC 2 Type II認証を取得しているため、取引の安全性を保障します。

デモを表示する

デュー・ディリジェンスのストリームライン化

統合されたQ&A、顧客分析とリアルタイムのアクセスログにより、モバイルデバイスを含め、いつでもどこでもクリックするだけで、アンダーライターのエンゲージメントを管理・追跡することができます。

デモを表示する

デュアルトラックプロセスのための柔軟性

IPOを目的とした企業が買収に向けてコースを変更する場合、Datasiteはアジャイルな対応ができます。デューデリジェンスがアンダーライターから潜在的買手へと移行しても、ファイルやフォルダの一括移動、柔軟な権限設定により簡単に管理できます。

デモを表示する

デュー・ディリジェンスを超える性能

当社は、ディールマーケティング段階へのステップバックが必要な場合や、追加の墨消しが必要な場合でもサポートいたします。Datasiteのデューデリジェンス性能は、M&Aのライフサイクルを補う一連のアプリケーションの一部です。

デモを表示する

プレミアムサポート

金融取引に特化したプロジェクトマネージャーによる献身的なサポートを受けることができます。24時間365日、20カ国語で対応し、案件に合わせてカスタマイズすることができます。

デモを表示する

当社のお取引先...

Alibaba Group logo
Uber logo

お客様の声...

Datasiteを始める準備はできましたか?

テクノロジーの力を発揮する

Datasiteは、発行者、アドバイザー、アンダーライターのために、安全でアジャイルなIPOプロセス管理を保証します。当社のデータルームソリューション、サポートと25年以上の経験により、IPOの安全を保障し、成果を最適化するためにチームを機敏に動かすことができます。