インサイト

Deal Drivers: APAC 2024年の展望

2024年01月03日 | 報告書

Mergermarketとの共同発表

アジア太平洋地域のダイナミックなM&A環境は、市場が新たなディールメイキングの可能性を解き放つ兆しを見せていることから、2024年の回復に向けた準備が整いつつあります。

アジア太平洋地域は世界最大の製造拠点であり、産業・化学セクターの案件が地域の取引量を牽引することになると推測されます。また、APACの業績は、この地域の重要国家である中国の業績に大きく左右されます。とはいえ、他の国や地域、特にインド、東南アジア、日本では、M&Aの機会が引き続き出現しています。

現在の日本の低金利は、買収者にとって日本を魅力的な国にしています。2024年に最も活発なAPAC市場とはならないかもしれませんが、改革によって日本のディールメイキングが今後復活する可能性の基盤が築かれたと言っても過言ではないでしょう。

M&A市場とセクター動向の分析を深堀り: APAC 2024 Outlookレポートでは、2024年に向けたディールメイキング・ゲームプランをご提案します。

 

レポートのダウンロード

以下の情報を入力すると、すぐにレポートにアクセスできます。

ありがとうございました!

レポートのダウンロードが可能になりました。

レポートを読む

Deal Drivers: APAC 2024年の展望

レポートをダウンロード