2022 8月 18

[Deal Drivers Report]アジア太平洋地域 2022年上半期

Mergermarket・Datasite共同発表

 

APAC地域のM&Aは、東南アジアの成長鈍化、一部の国における深刻なインフレ、中国政府の上海ロックダウンの長期化にもかかわらず、ディールメーカーが果敢に挑戦し、引き続き堅調に推移しました。

中国との取引が低迷しているにもかかわらず、インドやオーストラリアなどの国々がその遅れを取り戻しています。

2022年上半期の技術・メディア・通信(TMT)のM&Aは好調だったが、下半期は化学工業(I&C)が好調となる可能性があります。また、金融セクターは引き続き、同時期に昨年を大きく上回る件数で地域トップのセクターとなりました。

日本は、消費者セクターで引き続き取引数ベースでトップとなり、APACでは、同地域で行われた全体の取引数量ベースで2位となっています。

最新の「Deal Drivers: APAC HY 2022 レポート」では、APACのM&Aをセクター別で分析し、今年のディールメーキングのトレンドをご紹介します。ぜひご覧ください。

レポート概要

  • APAC M&A市場の概要と展望
  • 売却先候補に基づくAPACヒートチャート
  • 2022年上半期のAPACトップ取引
  • リーグテーブル:ファイナンシャルアドバイザーとリーガルアドバイザー(金額・案件数別)
  • セクター別分析
    • APACにおける7つのセクターのトップ10取引
    • 四半期ごとのM&A活動(金額・件数別)

 

さあ、始めましょう

あなたも好きかも:

Deal Drivers: APAC 2023 の展望

2022年、APAC地域全体のM&A件数は、はじめの9ヶ月間、揺るぎない強さをみせました。経済成長が鈍化する中でも、ディール件数は安定して推移し、第1~3四半期を通じて過去の水準を大きく上回っています。今後、数ヶ月間のディールメーキングを牽引するであろうトレンドについて、当社の2023年展望に関するレポートをお読みください。

APACエリアのにおける2022年Q3ディールドライバー

現在のマクロ経済は、ディールメーカーにとって舵取りが難しい環境であることを提示しています。2022年Q3のデータでは、APACのM&Aはディールメーキングがコロナ禍以前のレベルに戻っており、重要な局面であると示しています。市場はこれから正常化するのか、それとも下降していくのでしょうか。アジア太平洋地域のM&A活動やトレンドについては、Deal Drivers APAC Q3 2022をご覧ください。

Datasite Forecaster による2022年下半期の世界展望

世界的に厳しい状況が続く中、今後のM&Aも楽観視することはできないが、上昇・下降いずれの見通しがでています。不動産、ライフサイエンス、ヘルスケア、テクノロジー関連の案件が急増し、APACが牽引しています。世界のディールメーキングの方向性について、データは何を語っているのでしょうか。Datasiteのプラットフォームで行われた世界のM&A取引を匿名化し、集計した最新レポートをご覧ください。