2022 7月 25

Trackersのチェックリストでデューデリジェンスをスピードアップ

By Emily Ehlers, Product Marketing Manager

 

M&A取引にあたってデータルームを用意するって大変ですよね。必要な資料やファイルがすべてもっと簡単に集められたら、正確な情報源がひとつだけだったら、作業場所がひとつだけだったら、取引をもっと迅速に立ち上げられたら、いいなと思いませんか?それを実現するツールをご紹介します。


課題

デューデリジェンスを実施する前に、取引チームは譲渡対象企業に対し買収企業が確認する必要があるすべての資料を提供するよう依頼しなければなりません。内容は収益や人事、訴訟関係などがあります。一般に、この要求する資料リストはExcelシートで作成し、電子メールで送付します。対象企業がリストにある資料をアップロードすると、調査担当が手動でチェックリストを更新します。さらに、要求資料についてのやり取りも電子メールで行われます。

非常に骨の折れるプロセスなだけでなくミスも発生しやすいです。特に同じチェックリストのバージョンが複数出回り始めるとミスにつながります。さらに、データルームを立ち上げ、デューデリジェンスのプロセスを開始する前に資料がすべて揃っているか、チェックリストとデータルームにある実際の資料を何度も確認する必要があります。時間がかかる作業とはまさにこのことです。

そこでより良い方法を考えました。


解決策

データルームに欠かせない新機能、Trackersです。チェックリストを一元化し、関係者全員が資料やファイルのアップロードや変更を追跡できるようにしています。誰かが変更を加えれば、必要な人全員がその変更を確認できます。誰かがファイルをアップロードすれば、全員がそれを把握できます(アクセス権がある場合)。

混乱とも面倒なやり取りともおさらばです。もう複数バージョンできてしまうリストも、電子メールも、Excelも使わなくていいのです。すべてがデータルームで行われるため、作業するソフトウェアをあちこち切り替える必要もありません。


仕組み

TrackersはDatasiteデータルームを設定すると使えます。ユーザーはTrackersタブをクリックするだけ。

Trackersの作成方法は複数あり、Excelからアップロードしたり、既存のプロジェクトからコピーしたり、ゼロから作成したりします。作成したら、必要な編集を加えたり、アクセス権を付与・制限したり、画面設定を調整したりすることはもちろん、コラムオプションの設定などもできます。

さらに画期的なのが、クリック数回でTrackersから直接完全なフォルダーを生成でき、最初から完全なコピーが作れるのです。


利点

関係者全員が同じ情報を共有できます。譲渡対象企業も調査担当もデータルームにある資料、必要な資料、確認済み・未確認の資料を正確に把握できます。漏れの修正も何時間、何日ではなく数分で完了します。さらに、セキュリティーも電子メールのやり取りで情報が漏れることなく万全です。

 

Trackers feature for Datasite Diligence and Prepare

Trackersデモ

プロジェクトの立ち上げを迅速化。作業を効率化。一元化されたプラットフォームで取引に必要な情報すべてにアクセス。Trackersで取引をスピードアップし統合データルームを活用しましょう。

使い方

Datasite Diligence™ - データルーム

ディールメーカーは、彼らが直面する障害を予測する機能や性能を備えたツールを必要としています

さらに詳しく読む

さあ、始めましょう

あなたも好きかも:

マーケット・スポットライト: APACのM&A銀行家は、市場の減速に直面しながらもメガディールに注力

資金調達の環境が厳しくなり、M&AやIPO市場が減速する中、銀行の収益が圧迫されています。逆風が吹き荒れる中、投資銀行はアドバイスする案件をより厳選する必要がでてくることでしょう。

M & A Professional Working on a Data Room
マーケットスポットライト:アジアの新しいユニコーンクラブメンバーの紹介

10年前、評価額10億ドル以上の未上場新興企業を指す「ユニコーン」という言葉が初めて使われたとき、そのような価値のある新興企業は稀であったため、その言葉選びは適切であったと思われています。現在、世界には1,100社以上のユニコーン企業が存在し、10年足らずで27倍に増え、その累積価値は40億米ドルに近づいています。そのうちの約40%はアジアの企業なのです。

M & A Professionals discussing a Data Room
バイサイドの法務チームが大きな障害に勝つ5つの方法

M&Aに関する法律的なアドバイスを提供する場合、「時は金なり」とは限りません。摩擦、非効率性、中央管理の欠如は、あらゆる取引の歯車を狂わせます。さらにディールチームは、重要な意思決定を迅速に行うために必要となる洞察力に欠けています。これらはすべて、取引全体を停滞させかねない時間のロスにつながるのです。バイサイドのM&Aにおける5つの最大の課題を克服する方法についてご紹介します。

M & A Professionals discussing a Data Room